大型旅客機B777のエンジンGE90の圧縮機は、圧力比40(大気圧の40倍)、効率90%と非常に高性能です。その翼列は美しく芸術品とさえ言えますが、これは熱流体力学を応用して初めて成立します。私たちの研究室では、未来のエンジンを目指して、遠心圧縮機の内部流れの研究を長年進めています。その成果は、ターボ機械に関する学会発表において高く評価されています。
  要撃戦闘機F-15Jのエンジン

 未来の超音速機HYPER-Xのエンジンは、ロケットとジェットエンジンを組み合わせた複合エンジンが有力視されています。このエンジンは現在のジェットエンジンとは全く違う構造で、超音速下での燃料の燃焼がとても重要になっています。私たちの研究室では、超音速下での燃料の混合と燃焼について実験と数値解析により、より良い超音速燃焼の実現を目指しています。


遠心圧縮機の翼間を計測する装置
 


スクラムジェットエンジンの燃焼器を模擬した装置
ひとつ前のページに戻る


このページに関するご意見、ご感想は、 こちら までお寄せください。

防衛大学校 システム工学群 航空宇宙工学科
〒239-8686 神奈川県横須賀市走水1-10-20
Tel:046-841-3810, Fax:046-844-5904