後流中にできるカルマン渦
 私たちの研究室では航空機の性能を向上させるための研究を行っています。特に航空機の性能に直接関係する抵抗問題や翼と胴体との干渉問題についての実験的研究に長年取り組んできています。極めて乱れの少ない流れを作ることのできる大型整流風洞、非常に低速の流れ特性を調べるための曳航水槽、その他に回流水槽、小型風洞等が備えられており、幅広い研究を行うことができます。
 宇宙開発等を支えるためには、常に新しい科学的・技術的課題に向き合い、克服する必要があります。私たちの研究室では、理論解析、風洞実験、数値計算手法を組み合わせて、極限環境下で飛行する極超音速航空機・宇宙往還機の実現に貢献できる研究に取り組んでいます。そのために日本に数台しかないマッハ数10の極超音速風洞が備えられており、研究室で独自開発した計測法で生み出された研究成果は学会で高く評価されています。

大型整流風洞


極超音速流中の衝撃波


極超音速風洞
ひとつ前のページに戻る


このページに関するご意見、ご感想は、 こちら までお寄せください。

防衛大学校 システム工学群 航空宇宙工学科
〒239-8686 神奈川県横須賀市走水1-10-20
Tel:046-841-3810, Fax:046-844-5904