ヘリコプタのロータ面下方には,自分自身や先行する他のブレード(翼)による渦が3次元的に積層するため,ロータの空力解析を行う際には,ブレードと渦との干渉を考慮することが非常に重要です.私たちの研究室では,運動量理論や翼素理論といった従来の解析法では困難であったこのような干渉問題を数値流体力学的手法により数値解析し,ロータの性能計算や流れ場を可視化することを行い,その成果をヘリコプタ関連の論文,学会にて発表しています.


ロータまわりの流れ場の解析例

斜面上で地面効果を受けるロータのホバリング実験
ヘリコプタは低速域での優れた飛行性能を活かして地面近くを飛行することが多い航空機です.たとえば,救難,救急時の山岳地の斜面上や波浪で動揺する艦船の甲板上などでのホバリング飛行がその例です.このような地面上ではロータが受ける地面効果は平らな地面上とは異なることが予想されます.本研究室では,飛行安全上の観点からロータのホバリング性能に対する種々の地面効果を実験的,数値解析的に研究し,その成果を学会で発表しています.
右図は,総合実験棟B棟のヘリコプタ実験室にあるフリーフライト実験装置を用いて行った,ロータの前進飛行を模擬した走行実験の様子です.本実験設備は,世界的にも類まれで,我が国最大級の実験設備であり,卒業研究においても様々な研究テーマに活用されています.
ひとつ前のページに戻る


このページに関するご意見、ご感想は、 こちら までお寄せください。

防衛大学校 システム工学群 航空宇宙工学科
〒239-8686 神奈川県横須賀市走水1-10-20
Tel:046-841-3810, Fax:046-844-5904