トップページ


学科

研究科


特徴

何を学ぶ?
どう学ぶ?

何が身につく?

主な専門科目

シラバス


防衛大学校

校内向け学科ページ

応用物理学科の特徴
変化し続ける技術への適応を学び、発見の喜びを見出す
 21世紀を迎えた今、科学・技術の発展において起こっていることは、さまざまな分野との境界を越えた相互作用とそれによって引き起こされる新たな知的体系の創造です。応用物理学科は「素粒子物理」、「物性物理」から「弾道学」、「人間情報」といった幅広い分野のスタッフから構成され、工学、理学を越えた分野の融合と創造を目指しています。

 応用物理学科の教育理念は、「科学・技術全般に共通する基礎学力を持ち、かつ論理的思考能力のある柔軟性に富んだ人材の育成」であり、このことはまさに現在大学に求められている教育の具現化そのものです。またこれらの知識と能力は、多岐にわたる科学・技術の粋を集めた自衛隊の装備・運用に長けたジェネラリストとしての幹部自衛官の重要な資質でもあります。

 この教育理念の下、応用物理学科では、「力学」、「電磁気学」、「熱力学」、「連続体力学」、「量子力学」、「統計力学」、「応用数学」といった基礎科目を教授し、「生体情報」、「弾道学」、「物理情報」、「シミュレーション科学」、「放射線科学」、「物性物理」、「理論物理」等の教育研究分野を展開しています。

 具体的には、「人間の視覚情報」、「生体電気信号解析」、「超高速衝突実験装置による耐衝突性素材の開発」といった応用分野から、「赤外光や電子顕微鏡そして核磁気共鳴等を使った物性測定」、「物質やプラズマそして回路設計等におけるコンピュータシミュレーション」、「超伝導などの強相関電子物性やそこでの新物質創製」、そして「素粒子原子核物理での計測器開発と素粒子理論そして数理物理」といった基礎分野まで幅広く研究・教育を行っています。

 物理学を究めたい人からその応用、そして人間情報や数理科学に興味のある人まで幅広く歓迎いたします。