応用分析化学

応用分析化学分野では、核磁気共鳴、円二色性、熱分析などの分光学的手法や分子動力学計算の手法を用いて、身近なモノの構造や運動性を、分子や原子レベルで測定・解析

詳細をみる

応用有機化学

応用有機化学研究室では、有機合成化学を基盤としてユニークな機能性物質の開発を目指して研究しています。特に、有機合成化学と材料物理化学を基礎として「交差共役系

詳細をみる

応用物理化学

応用物理化学研究室では、「温度や圧力といった外的因子を変化させて水や水溶液の構造や物性などの幅広い化学反応に起因する現象」についてその基本原理の解明から

詳細をみる

応用無機化学

応用無機化学研究室では、粘土鉱物と有機物との複合膜の作成とその諸性質(光特性や電荷特性)について研究しています。また、金属錯体を用いた光反応の特性を利用して

詳細をみる

高分子化学

高分子化学研究室では、様々な重合反応を経て生成した高分子が、種々の成形法によって形を変え、熱や光などにより分解し、その分解生成物が新たな高分子材料になる

詳細をみる

反応化学

反応化学研究室では、高機能触媒上での反応、電気極表面上での反応、高温・高圧下での燃焼化学といったミクロな化学反応の制御や視覚化について研究しています。

詳細をみる

燃料化学

燃料化学研究室では、不斉触媒の合成や石油改質用触媒であるゼオライトの合成および細孔中における反応機構の解明を目指し、単結晶X線構造解析をはじめとした様々な

詳細をみる

火薬学

火薬というと、「爆弾」をイメージして危険な物質であり、取扱いにくいと考えている方が多いと思いますが、建設、医療、宇宙開発などのさまざまな分野で使用されており、

詳細をみる

生物化学

生物化学研究室では、全ゲノムDNA配列が決定されたモデル⽣物を実験材料として、細菌類および植物の遺伝子機能の解明を目指しています。ゲノム情報を基に、生物に共通の

詳細をみる

細胞分子生物学

細胞分子生物学研究室では、細胞の正常や病理と関係するさまざまなタンパク質の構造と機能を、最新のタンパク質化学、細胞生物学、分子生物学の解析技術を用いて研究

詳細をみる

ゲノム生物学

ゲノム生物学研究室では,正常な生体機能およびその破綻による疾患の機能解析に基づいて、バイオテロや新興感染症への対処研究および癌転移の分子メカニズムの研究

詳細をみる

教 員 紹 介

2018.1現在、教授10名、准教授6名、講師6名、助教2名の24名体制で11教育分野(理工学系・生物生命系)を展開しています。幹部自衛官に必要な化学素養を授けます。

詳細をみる