防衛大学校 > 情報工学科 > 卒業研究題目
防衛大学校 情報工学科
概要
学科長挨拶
学科パンフレット

教育体系
講義内容
シラバス(PDF)

昨年度本科生
一昨年度本科生

校内専用ページ

卒業論文題目インデックス

卒業論文題目(2011年度本科生)

    所属研究室 卒業研究題目
    運用分析(OR) 目標シナリオの再評価を組み込んだ無人航空機の捜索経路決定法
    渋滞を考慮した避難計画問題
    ゲーム理論を用いたIEDに対する車両運用の最適化
    陸上戦闘におけるネットワーク化部隊の連続状況モデル
    投票力指数を用いた1票の価値の分析
    ツーサイド市場における2財の普及シミュレーション
    ロボット工学 4ロータ型UAVのホバリング時におけるセンサードリフトの抑制
    自律移動ロボットの人の流れに合わせたナビゲーション
    コンピュータ
    工学
    組合せ最適化問題用ニューラルネットワークのハードウェア化
    共通鍵ブロック暗号SC2000のGPUクラスタによる高速処理
    CUDAへの共通鍵ブロック暗号Camelliaの効率的実装
    ソフトウェア
    工学
    集団行動分析のためのGPS情報可視化に関する研究
    web閲覧履歴に基づく個別ナビゲーションのための個人間類似度分析法
    伝送情報漏洩防止のための鍵管理機能付きメールサーバの構築
    スカイダイビングシミュレータ実現に向けての降下姿勢認識システムの開発
    知能情報 wikiepdia における言語使用状況のネットワーク分析
    加速度センサを用いた行進行動時における歩行パターンの分析
    磁場を用いた真性粘菌変形体の運動
    情報システム 英単語 e-learning 教材に関する基礎研究
    電子掲示板の自動要約に関する基礎研究
    撮影ベクトルの交差を用いた新しい地理的画像分類システムの構築
    情報数理 動的計画法を用いた組合せ問題の近似解法
    魅力的な勝ち抜きトーナメントの作成
    最良畳み込み符号の計算機探査
    数学 パラメトリック回帰とノンパラメトリック回帰における情報量基準
    ブラシュケ積の幾何学的性質
    3次ブラシュケ積の幾何学的性質
    Specht 加群による対称群の既約表現の実現
    距離の入る空間と入らない空間
このページのトップへ

卒業論文題目(2010年度本科生)

    所属研究室 卒業研究題目
    運用分析(OR) 情報取得方式が撃破速度に影響を与えるランチェスターモデル
    侵入航空目標に対する哨戒問題
    ナッシュ・フローを用いた交通量予測
    企業の意思決定を考慮した携帯電話市場のシミュレーション
    車列警護の決闘モデル
    ロボット工学 4ロータの回転翼機の研究
    広い視野角を持つ3次元レーザスキャナ
    草刈ロボットのGPSを用いた誘導
    コンピュータ
    工学
    128ビットブロック暗号HyRALに対する電力解析攻撃
    対策を施したAESに対する電力解析攻撃
    暗号処理に対する電磁波解
    ソフトウェア
    工学
    自由降下シミュレータ実現に向けての視覚情報システムの開発
    合成開口レーダ干渉画像のコヒーレンスを利用した地表面の変化抽出
    WEBページ閲覧傾向からの興味分
    携帯端末操作性向上に向けた表示機能拡張の一手法
    個別誘導のための拡張現実標識に関する研究
    符号伝送誤りによる映像上の欠損ブロック推定に関する研究
    3Dウェブブラウザに適したユーザインターフェースに関する研究
    知能情報 走行データから見る Segway 操縦者の行動特
    Matsim を用いた交通シミュレーション
    故障の伝搬がネットワーク構造に及ぼす影響
    擬似的離散化系を用いた真性粘菌変形体の運動解析
    真性粘菌変形体の走磁性に関する研究
    真性粘菌変形体のアロメトリックな細胞運動についての研究
    情報システム 群ロボットに関する基礎研究
    コースとの相関に基づく競走馬のパフォーマンス
    情報数理 理想的な勝ち抜きトーナメント表
    動的計画法による多次元ナップサック問題の近似解法
    Arenaを用いた電子決済システムのシミュレーション
    数学 変化点問題における統計量の精度比較とデータ解
    ノンパラメトリック統計量の検出力と極限分布の導出
    クラスターデータにおける重回帰分析の妥当性
    局所ユークリッド曲面の分類について
    渦層と佐藤超関数
    生産関数論における逆問題とラドン変換
このページのトップへ