Menu

研究部門

研究部門について

グローバルセキュリティセンター(GS)の研究部門は、GSを拠点とした防衛大学校教官による研究活動を企画し、支援することをその役割としています。

発足当初の現段階においては、①アジア安全保障、②サイバーセキュリティ、③宇宙安全保障、④海洋安全保障、⑤感染症対策と安全保障、⑥防災・危機管理、⑦ジェンター・メンタルヘルス、⑧ミリタリープロフェッショナリズム、⑨安全保障・軍事作戦法規、⑩デュアルユース・テクノロジーの10分野に重点を置いて研究を進めており、それぞれの分野の研究を実際に進め、又は、統括する責任者として研究主幹を置いています。この10分野は固定的なものではなく、時々のニーズに合わせ新たな分野を取り込んでいくことを考えています。

研究分野の選定においては、人文社会科学系、理工学系双方にわたり全学で約300名の教官を抱える防衛大学校の人的リソースをフルに動員しつつ、学際的な研究の必要に特別の考慮を払い、学内にとどまらず学外や海外の研究機関との連携を深めることにより高い質の成果を確保する、国の科学技術推進政策・社会的ニーズを踏まえた研究の推進を図る、ことなどを念頭に置いています。また、企画・発信部門との協力により、研究の進展に併せて対外発信を強化していく考えです。

優れた研究成果をあげるためには、企画の良さと優れた実行力が必要なことは言うまでもありませんが、同時に、研究を支える資金面の手当につき民間基金等との協力を含めて格段の意を払うことや、対外発表の機会を含めた良好な場の設定が大事です。海外との研究協力も積極的に計っていく考えです。

グローバルセキュリティセンター研究部門長 
航空宇宙工学科教授 樫谷 賢士

部門員紹介

2018.4.1現在

部門長樫谷 賢士 Masashi KASHITANI 航空宇宙工学科教授
部門員河内 一博 Kazuhiro KAWACHI 外国語教育室教授
部門員轟 孝夫 Takao TODOROKI 人間文化学科教授
部門員市村 徹 Toru ICHIMURA 応用化学科教授
部門員亀井 利久 Toshihisa KAMEI 通信工学科准教授
部門員辻田 哲平 Teppei TSUJITA 機械工学科准教授
部門員深田 尚則 Hisanori FUKADA 国防論教育室教授(1等陸佐)
Copyright© 2016 National Defense Academy. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com