NDA

宇宙安全保障

宇宙安全保障研究の概要

宇宙分野での安全を脅かす事案として、最近では特に軌道上での人工衛星と物体との衝突問題が挙げられます。これまで人類が打ち上げてきた衛星は7千機以上あり、そのうちのほとんどはミッションを終了し、あるいは破裂、分解して宇宙ゴミ(これらを宇宙デブリと呼びます)として1万個以上が軌道上を漂っています。このような宇宙デブリと人工衛星の衝突問題が現実の危険な事案として発生しており、安全対策(宇宙デブリからの防護や宇宙デブリの低減)が急務となっています。

防衛大学校では宇宙デブリに関する問題のうち、現在ある宇宙デブリを減らすことを目的とした基礎的研究を計画しています。より効率的な宇宙デブリの低減に関する研究を進めることで、将来の宇宙デブリの低減が期待でき、宇宙開発における安全性がより一層高まることでしょう。

一方、航空分野での安全技術の活用例としては、無人機利用による空からの地上や海上の情報収集に注目が集まっています。地震や津波などの大規模災害時には道路が寸断され、地上での移動が容易ではありません。このような事態に備えて、緊急時の機動的・自律的な無人機の出動が想定されますが、その運用時には交通管理が重要となります。また、突風などの環境じょう乱の影響も相対的に大きくなってしまいます。

防衛大学校では、複数無人機の誘導制御・交通管理手法に関する研究や、環境じょう乱が及ぼす影響を調べるための研究を計画しています。このような研究を進めることで、無人機の安全・効率的な運用や耐環境性能の向上に資する研究成果が期待でき、将来的に災害救難や復興支援に役立てることができるでしょう。

▲ページのTOPへ

宇宙安全保障分野の研究プロジェクト

現在、以下の研究プロジェクトに取り組んでいます。

1スペースデブリの低減に関する基礎研究

(1) 概 要
本研究は、安全な宇宙利用において大きな障害となるスペースデブリの低減に関する基礎技術に関するものであり、特に金属製の銛を用いてデブリ除去装置をスペースデブリと結合するための技術に関して検討を行うものです。

(2) 研究代表者
田中宏明 防衛大学校システム工学群航空宇宙工学科教授

(3) 共同研究者
山口功 防衛大学校システム工学群航空宇宙工学科教授
波多英寛 熊本大学大学院先端科学研究部助教

▲ページのTOPへ

Copyright© 2016 National Defense Academy. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com