大規模震災工学研究室
防衛大学校 システムシステム工学群 建設環境工学科

教職員

職名 氏名 専門分野 担当科目
教授 矢代晴実 地域・都市防災,災害リスクマネジメント,危機管理 大規模災害対処計画論,大規模災害概論,震災工学,建築工学,土木技術英語T

教育・研究分野

地震列島といわれる日本は,何度も甚大な地震災害に見舞われてきた.我々は,この国土に住むかぎり,地震被害を避けて生活することはできない.一方,我々の生活する社会は過密化し,情報技術等により社会システムが複雑に成長してきている.その結果,地震のような自然の急変による事象に対してきわめて脆弱な社会になっている.そして,今、日本列島は首都直下型地震や南海トラフの連動型地震という大規模地震災害が近い将来に発生すると予測されている.これらの地震が発生した場合は,今までに経験のない「国難」といえる事態を迎えることが想定される.今後の安全で安心な社会を構築するためには,この大規模震災に対して,減災対策・危機管理対策・復旧復興対策を早急に構築する必要がある.本分野の教育では、 大規模災害の発生や減災対策・危機管理に関する基礎理論を学び,災害対応に関する基礎能力を涵養する.また、研究においては、大規模震災の特徴である広域・複合災害の特性を解明し,社会の変容による新たな災害様態の変化を考え,今後の大規模震災時に発生する課題の対応計画に関して研究を行う.

主な研究テーマ

津波避難に関する研究

東日本大震災で多くに人命が津波により失われた.津波の人的被害は、避難をすることにより防ぐことが可能になるが,その避難には、地域特性・人口構成・街の構造・災害対応意識が大きく影響を受ける. そこで,地域における津波避難リスクを定量的に把握する手法を開発し,リスク評価の観点から構造物等の津波リスク評価と融合した地域全体の津波リスク評価をおこない,地震リスクマネジメントを実施するための研究を行っている.

コンクリート版の爆発実験


鉄道等の線状構造物の地震リスクに関する研究

鉄道路線等の複数の異種構造物により構成される線状施設を対象とした地震リスク評価手法の開発をおこなっている.線状施設の地震リスクを定量化するため,施設を分割された集約点として離散的に取扱い,確率論的ポートフォリオ分析技術を活用し,地震ロス関数を設定し分析する.そして,リスクの定量化は,頻度に関連付けられたイベントロスカーブやリスクカーブや各リスク指標にて示し,それを災害時危機管理計画等に適用するための研究を行っている.

コンクリート版の爆発実験


災害対応計画におけるリスク指標に関する研究

災害対応計画や地震被災シナリオ作成における震源パラメータの設定は,その不確定性により,地震動・被害量・被害分布を大きく変化する.そこで,災害対応計画や地震被災シナリオ策定の際に震源パラメータと被害量の関係から,計画策定に基準となるリスク指標を抽出し、リスク指標の変化に適応する災害対応計画の策定について研究をおこなう.

実験装置の概要


ページの先頭へ戻る | 研究室紹介 | 建設環境工学科 | 学科・教育室 | 防衛大学校