防衛大学校システム工学群 建設環境工学科
トップページ | 学科紹介 | 教育 | 研究 | 教職員 | リンク
トップページ>TOPICS

本学科教員が国際ジオシンセティックス学会:IGS AWARDを受賞


本学科の宮田准教授が国際ジオシンセティックス学会よりIGS AWARDを受賞しました。

受賞者

建設環境工学科 准教授 宮田喜壽

 

受賞日

平成22年5月

 

概要


宮田准教授は、補強土壁構造物に関する新しい設計法について日本・アメリカ・カナダ・ドイツの国際共同研究によって検討を行い、新しい手法を確立して国際的に高い評価を得ました。

研究内容の詳細については、以下のURLからご覧になれます(英語PDFファイル)。
http://www.geosyntheticssociety.org/Resources/Newsletters/IGS News V26 I2 July 2010.pdf


<国際ジオシンセティックス学会について>

ジオシンセティックスとは、建設事業,国土保全事業に関連する地盤の工学的諸問題を解決するために用いられる高分子材料を指す。国際ジオシンセティックス学会は、この学問領域を対象に年に発足した。本部はアメリカにあり、世界に31の支部を有する。 Geotextile and GeomembranesとGeosynthetics Internationalの2つの国際ジャーナルを出版しており、それらは地盤工学分野で有数の国際ジャーナルとして知られている。


<賞の説明>

4年間において、ジオシンセティックス分野に高い貢献を行った個人またはグループに贈られる賞。国際ジオシンセティックス学会で最も高い権威を有する賞である。今回の賞は2006-2009における研究のなかから選考された。宮田准教授がカナダ国防大学に訪問研究員として滞在中、Bathurst(バサースト)教授と行った共同研究を日本・アメリカ・カナダ・ドイツの国際共同研究に発展させ得られた成果をまとめたものである。




防衛大学校システム工学群 建設環境工学科 〒239-8686 神奈川県横須賀市走水1-10-20