防衛大学校システム工学群 建設環境工学科
トップページ | 学科紹介 | 教育 | 研究 | 教職員 | リンク
トップページ>TOPICS

本学科教員が国際ジオシンセティックス学会日本支部よりJC-IGS技術賞を受賞


本学科の宮田准教授が国際ジオシンセティックス学会日本支部よりJC-IGS技術賞を受賞しました。

受賞者

建設環境工学科 准教授 宮田喜壽

 

受賞日

平成22年12月2日

 

概要


<論文名>

宮田喜壽,R.J. Bathurst>:ジオシンセティックス補強土壁の補強材力推定法−K-stiffness methodの概要と計算例−,ジオシンセティックス技術惰報,pp.12-19,2009.


<授賞理由>

地盤をシート状の高分子材料(ジオシンセティックス)で補強する補強土構造物に関する研究成果をまとめた.ジオシンセティックスに作用する荷重の新しい推定法の意義について説明し,具体的な計算例を示した技術の有用性を示した.


<国際ジオシンセティックス学会 日本支部について>

ジオシンセティックスは,建設事業,国土保全事業に関連する地盤工学分野(建設環境工学科でも主要学問分野として6科目を展開している)で用いられる人工および天然の合成材料を指す.国際ジオシンセティックス学会はこの分野に関する国際的な学協会であり,日本支部は1984年8月に設立された.国際学会の個人会員は約2000名,企業会員は120社を超える.そのうち,日本支部の個人会員は約250名,企業会員は24社である.


<賞の説明>

国際ジオシンセティックス学会日本支部から出版されているジオシンセティックス技術情報誌(年に3回発行)に掲載された技術報文の中から,ジオシンセティックスに関する技術の進展に顕著な貢献をしたと認められる業績を対象に,個人,グループあるいは機関に対して授与される.


防衛大学校システム工学群 建設環境工学科 〒239-8686 神奈川県横須賀市走水1-10-20