生体機械工学研究室

ヒューマノイドロボットの動作生成手法に関する研究

人型ロボットであるヒューマノイドロボットは,人が生活している環境下で人の代わりに様々な作業を担うことが期待されています.ヒューマノイドロボットは,その脚により移動し,腕によって人間のように作業を行うことができます.従って,産業用ロボットアームと異なり,自ら移動し作業現場に移動することができます.また,数多くの関節を有し,複雑な作業も可能です.しかし,ヒューマノイドロボットは地面に固定されていないため,外部から受ける力によって転倒してしまう危険性もあります.本研究では,転倒や破損の危険性を回避しながら,全身協調動作によって巧みに衝撃力を発生させる,もしくは緩和する方法について研究しています.

ヒューマノイドロボットの動作生成手法に関する研究