生体機械工学研究室

手術シミュレーションに関する研究

近年,高度な手術手技の開発により,多くの命が救われ,術後の生活の質的向上ももたらされています.一方で,常に最新の治療方法を身につけなくてはならない医師にとっては大きな負担となっており,効率的に新しい手術手技を学習できる環境が必要となっています.
これまで広く用いられてきたゴム製の手術トレーナや動物を用いた訓練などでは,訓練できる回数に制限があります.また,特殊な症例などの練習もなかなかすることができません.そこでバーチャルリアリティ技術を応用した手術シミュレータの開発が盛んに行われています.本研究では,計算機の中に仮想的な人体モデルを作成し,仮想空間内で外科手術を行うことができるシミュレーションソフトウエアを開発しています.

手術シミュレーションに関する研究