機械材料工学研究室

機械材料工学研究室の特徴

“先端材料を創る”ための‘しくみ’として、インテリジェント化した材料プロセスを考案し、ピンポイントで新しいナノマテリアル(合金、金属間化合物、セラミックス、複合材料)を生み出し、さらに原子・分子レベルで組織・構造解析することにより、世界に先駆けて、合金での超高強度、金属間化合物での延性化、セラミックスでの超強靭性や低温・高速超塑性などのブレークスルーの鍵となる新機能を掘り起こしています。さらに、発見した物質・材料・現象・機能の工学的応用を目指しています。

機械材料工学研究室の特徴