強度設計研究室

「応力発光体」を利用した材料・構造体の応力分布測定とその応用

近年,微弱な力学的エネルギーで発光する,すなわち弾性発光を生じる光機能材料として「応力発光体」が開発され,この発光現象を利用して様々な構造物の安全性調査の技術開発が盛んに行われている。研究室では,応力発光現象に及ぼす変形速度の影響を明らかにし,自動車の衝突安全性や地震による建物崩壊等を防ぐ構造体の安全設計に利用するための研究を行っている。

(図 圧縮試験時の応力発光現象の様子)

「応力発光体」を利用した材料・構造体の応力分布測定とその応用