強度設計研究室

【教授】小笠原 永久

小笠原 永久

氏名:
小笠原 永久
所属名:
強度設計講座 
職名:
教授 
E-mail:
小笠原 永久
ホームページ:
http://www.nda.ac.jp/cc/users/ymda/lab/Oga_Lab./Home.html 
担当授業科目:
材料力学I、材料力学II、コンピュータ演習、機械工学実験、強度設計 
研究分野:
材料力学、非破壊検査、計算力学 
現在の研究課題:

ハニカム構造材料の衝撃吸収特性
赤外線サーモグラフィによる新しい非破壊検査手法の開発
ナノインデンテーション(微小押込試験)による材料特性評価

今後の課題:

赤外線サーモグラフィの新しい工学的利用方法を考える。
ナノインデンテーションで残留応力を計測する。

キーワード:
ハニカム、赤外線サーモグラフィ、非破壊検査、有限要素法、シミュレーション、材料試験、インデンテーション 
初学者向け研究紹介:

軽くて剛い蜂の巣が、飛行機の翼や自動車の衝撃吸収に使われる不思議を探る。
人の眼で見える範囲(可視光)を超える赤外線で、隠れた故障箇所を見つける。
10億分の1mを制御して、超微小物質の性質を調べる。

著書・論文等:

http://www.nda.ac.jp/cc/users/oga/paper/paper.html
参照

学位:
博士(工学) 
所属学会:
日本機械学会、日本材料学会、日本非破壊検査協会、日本実験力学会、Materials Research Society 
学術関係受賞:

2008年3月山崎奨励賞(防衛大学校学術・教育振興会)
2004年5月奨励賞(日本非破壊検査協会)
1999年3月畠山賞(日本機械学会)