防衛大学校 防衛大学校機能材料工学科
English
学科のご紹介
学科の概要
学科長ごあいさつ
学科での教育
カリキュラム
講義科目/担当者一覧
学生生活
学科での学生生活
学科のイベント
機能材料工学科で学ぶには/学んだ後は
研究
講座・教官のご紹介
研究施設
研究の様子
さらに深く学ぶために
研究科(大学院相当)
特別研究員制度
防衛大学校在校生のみなさんへ
(校内ホームページへのリンク)
学科HOMEへ
防衛大学校
防衛大学校TOPへ
■ お問い合わせ
電話
046-841-3810 (代表)
e-mail

研究施設

機能材料工学科の教官居室・実験室の多くは理工学1号館東・南側と理工学3号館西側にあります。また、大型共同設備などが実験棟C棟、E棟に設置されています。ここでは一部の機材をご紹介します。


C棟設置 SEM(走査型電子顕微鏡)
様々な物質の観察に使われる。観察対象を100倍程度から、数10万倍まで拡大して観察することができる。また、付属のEDS装置で観察領域の元素分析も行える。
C棟設置 アーク溶解炉
塊状の材料にアークを当てることにより、物質を数1000℃に加熱し、溶解することができる。融点が高い物質も溶解できる。合金の作製に使う。
E棟設置 X線回折装置
物質のミクロな構造を調べる装置。測定対象を回転させながらX線をあてて得られる信号情報から、結晶構造などが分かる。
E棟設置 XPS(X線光電子分光装置)
測定物質表面の結合状態、化学組成が分かる装置。
E棟設置 TEM(透過型電子顕微鏡)
様々な物質の観察に使われる。観察対象を100万倍にまで拡大して観察できるので、ナノメートルの大きさのものも観察できる。
理工学1号館(新素材) 高周波加圧焼結ホットプレス
高温度に加熱しながら、加圧する装置。材料の作製に使用する。
理工学1号館(新素材) CIP(冷間等方加圧装置)
加圧する装置。材料の作製に使用する。

未来を拓く新素材 機能材料工学科