防衛大学校 防衛大学校機能材料工学科
学科のご紹介
学科の概要
学科長ごあいさつ
学科での教育
カリキュラム
講義科目/担当者一覧
学生生活
学科での学生生活
学科のイベント
機能材料工学科で学ぶには/学んだ後は
研究
講座・教官のご紹介
研究施設
研究の様子
さらに深く学ぶために
研究科(大学院相当)
特別研究員制度 
防衛大学校在校生のみなさんへ
(校内ホームページへのリンク)
学科HOMEへ
防衛大学校
防衛大学校TOPへ
■ お問い合わせ
電話
046-841-3810 (代表)
e-mail


学科長からのメッセージ

機能材料工学科のホームページにようこそ。

 我々人類の文明は、材料とともに発展してきました。古代史は、おもに農耕の道具として使われた材料によって石器時代、青銅器時代、鉄器時代と区分されています。また、鉄の大量生産法が開発されたことによって産業革命が劇的に進み、近代化が始まりました。20世紀後半の半導体シリコンを用いたトランジスタの発明は、エレクトロニクス産業に大革命をもたらし、現在の高度情報化社会へと発展しました。数え上げたらきりがありませんが、それぞれの時代の社会基盤を支えているのは、優れた機能を持った材料なのです。このように機能材料工学は、防衛省・自衛隊のみならず、我々人類にとって大切な学問分野なのです。

 機能材料工学科では、我々の社会基盤を支えている材料の基礎的な性質や構造、機能から、人類が直面しているエネルギーや環境問題に対応するための最先端の機能材料工学まで、講義や演習、実験を通して体系的に学ぶことが可能です。また、4年生の卒業研究では、材料設計、材料創製、材料評価、金属材料、電子材料、機能材料の六つの教育研究分野のいずれかに配属し、教官とマンツーマンで研究を進めることによって物事に対する深い洞察力や観察力、論理的思考力を身につけることを目標にしています。

 材料に関する専門知識に裏付けられた幅広い視野と科学的思考力は、将来、陸海空自衛隊の中核幹部となる皆さんにとって、きっと役立つものと教官一同確信しています。

 さあ皆さん、「機能材料工学」を一緒に勉強しましょう。

機能材料工学科長 北沢 信章

未来を拓く新素材 機能材料工学科