防衛大学校 防衛大学校機能材料工学科
学科のご紹介
学科の概要
学科長ごあいさつ
学科での教育
カリキュラム
講義科目/担当者一覧
学生生活
学科での学生生活
学科のイベント
機能材料工学科で学ぶには/学んだ後は
研究
講座・教官のご紹介
研究施設
研究の様子
さらに深く学ぶために
研究科(大学院相当)
特別研究員制度
防衛大学校在校生のみなさんへ
学科HOMEへ
防衛大学校
防衛大学校TOPへ
■ お問い合わせ
電話
046-841-3810 (代表)
e-mail


機能材料工学科で学ぶには?

機能材料工学科で学ぶには、まず、防衛大学校に理工学系で入校する必要があります。2学年から各専門学科に分かれます。陸上、海上、航空のどの要員からでも機能材料工学科に行くことができます。

機能材料工学科の専門科目の中には、高校理科の物理や化学に関連の深い科目が多くあります。また、学生実験や卒業研究も、これまでの物理や化学の知識・技術を活用します。ですから、物理が得意な方でも、化学に興味がある方も、そうではない方も充実した学生生活をおくれます。


機能材料工学科で学んだ後は?

防衛大学校を卒業すると、任官し、各要員に別れそれぞれの自衛隊の幹部候補生学校に入校します。それぞれの学校で幹部候補として学んだのち、部隊に配属されていき、自衛官としてのキャリアが始まります。

機能材料工学科で学んできたことは、日々の仕事ではなかなか表面に出てきません。しかし、機能材料工学科の授業や実験を通して得た幅広い知識や洞察力、研究活動で培った幅広い応用力は、幹部として合理的に物事を考え、判断し、部隊を指揮する上で、生かされるものと考えています。
さらに、自衛隊の仕事では様々な装備、道具を使います。装備品、道具の機能をうまく使いこなすためには、その機能を発現させている基本である”材料”を知っている必要があるでしょう。

さらに高度な科学的思考力、研究開発能力を養うための、理工学研究科前期課程・後期課程が設置されています(理工学研究科物質工学専攻)。それぞれ一般大学の修士課程・博士課程に対応しています。これまでにも科学・研究の分野で世界とわたりあう活躍をし、博士号を取得された方を多く輩出しています。


未来を拓く新素材 機能材料工学科