材料評価講座

 当研究室は、イオン液体や複雑液体の基礎物性の調査や応用に向けた研究、準結晶、生体酵素を利用した電気化学的機能の追求、繊維強化プラスチック、炭素繊維/炭素複合材料などの作製と評価に関する研究をしています。評価とは簡単に言うと対象材料の性質を種々の角度から調べ、特性を明らかにすることです。

研究テーマ

イオン液体の特性評価
イオン液体・溶液混合系の物性
イオン液体のリサイクルに関する研究
FRPおよびC/C compositeの作製と評価
電気流体力学(EHD)現象
過冷却液体の超音波照射効果
準結晶
生体機能分子を用いた機能性電極の作成と評価
植物の光合成システムを模倣した光エネルギー変換
数値計算

主要実験装置

熱分解解析装置
X線回折装置(各種X線カメラ)
四軸自動回折計(κゴニオ型、イメージングプレート型)
インピーダンス測定装置
ダイヤモンドアンビル
EHD流体測定装置
電子スピン共鳴吸収装置
赤外吸収スペクトル測定装置
高周波加熱炉(ホットプレス炉)
高温炉
電気化学測定装置


スタッフ


教授     阿部 洋 (Hiroshi Abe)
講師     小澤 真一郎 (Shinichiro Ozawa)
*2013年4月1日に配置転換があり、有賀准教授は材料創製講座へ移動となりました