松本 仁 (Hitoshi Matsumoto)

English page


防衛大学校機能材料工学科教授

e-mail
内線番号 2439
生年 防衛庁の創設時期と大差なし
出身地 国産み神話の地
学歴
1976年3月 関西学院大学理学部物理学科卒業
1978年3月 神戸大学大学院修士課程物理学専攻修了
学位 理学博士(東京工業大学)
職歴
1978年4月 防衛大学校着任、助手(1977.10 防衛庁甲種上級試験合格、区分「物理」)
  同 講師、助教授を経て
2004年10月 教授(2005.4-2007.3 学科長、2006.4-2008.3および2009.4-2011.3 教養教育室を兼務)
社会的活動:応用物理学会 新領域グループ(衝撃応用)代表者(2002-)、Materials Letters, Mater.Sci.& Engin.,など数誌の査読審査委員、神奈川県科学技術教育支援、ほかを務めている。また、これまでにシンポジウム「様々な衝撃現象と技術開発」(2012)など多くのシンポジウムの企画世話人などを務めた。
担当授業科目 (本科)理工学入門、人間と材料科学、金属材料、材料損傷、材料創製特論、材料熱力学II、固体物性I
(研究科前期)金属材料特論
(研究科後期)極限環境プロセシング
研究内容 構造相転移,高温反応,高速衝突現象,超高圧衝撃圧縮、極限環境プロセシング
コメント  物質のダイナミックな変化がゆかいですね。厳格なアプローチをこの上なき事としておりましたが、近頃では新規な現象の探索、新規な創製手法に傾斜しています。学生諸君と新規な事柄を見いだし、議論することに楽しみを感じています。 しかしながら、さらにもう一歩進もうと致しますとやはり厳格な実験が必要となることもまた痛感されます。
 これまでの研究テーマ、研究論文などは英文ホームページ欄をご覧下さい。



論文リスト