材料創製講座

講座の独自ページへ

 当研究室では物質科学に基づく新たな材料創製のためのシーズ作りを目標に、様々な物質の作製とその性質について研究しています。また、無機機能材料の結晶構造や機能化に関する研究も行っています。
 材料の作製は、高周波溶解、アーク溶解を基本にし、また超急冷法、メカニカルアロイング法、フラックス法、超高圧法(高速衝突、ダイアモンドアンビル)などの特徴ある手法で合成を行っています。
 物質の性質は熱的(相転移の潜熱、高温反応)、電気的(抵抗、インピーダンス、誘電率)、音響的(超音波速度、吸収、低周波振動)、X線的(構造解析)手法などによってダイナミックな応答を計測しています。
 合金、金属間化合物、有機・無機塩類、酸化物、複酸化物、アモルファス、金属水素化物などを対象としています。
 基本的な挙動を重視しつつ、広い視点から学生の物質観を育成することに重きを置いた教育・研究を実施しています。

研究テーマ

超高速衝突・衝撃法の材料への応用、衝撃回収実験による物質合成
アーク溶解炉・超急冷法による新奇金属間化合物の創製
熱測定
超音波・誘電率測定
X線回折実験の材料研究への応用
環境に優しい機能性セラミックスの開発
新規無機化合物の合成と構造および物性
数値計算

主要実験装置

一段式火薬銃
示差走査熱量計
超音波音速減衰率測定装置
インピーダンス測定装置
アーク溶解炉
超急冷凝固装置
メカニカルアロイング装置
X線回折装置、イメージングプレート
ラマン分光測定装置


スタッフ


教授 松本 仁 (Hitoshi Matsumoto)
准教授     有賀 敦 (Atsushi Aruga)
助教 岸村 浩明 (Hiroaki Kishimura)
*2013年4月1日に配置転換があり、阿部准教授は材料評価講座へ移動となりました