機能材料工学科とは

物質に優れた性質が見いだされ、我々が利用する時、その物質は材料と呼ばれます。

機能材料工学科は、材料の特徴ある性質を実験と理論から知り、利用しようとする分野を系統的に学習することのできる学科です。 総合的な観点から材料を理解し、先端的応用研究まで対処できる人材を育成するため、材料設計、材料創製、材料評価、金属材料、電子材料、機能材料の六つの分野で教育を行っています。

機能材料工学科では、物理学や化学、電気電子工学に基づく"材料"の基礎から、金属、半導体、高分子、セラミックスといった材料の作り方、その機能の調べ方、そして応用法の基礎を学びます。 機能材料工学科では”材料”のもつ素晴らしい可能性を体得することともに、卒業後に必要となる基礎知識、洞察力、科学的思考力を身につけることができます。

材料を制する者が科学技術を制するという気概で教育・研究をおこなっています。

機能材料工学科のカリキュラムと進路

機能材料工学科のカリキュラムは、1学年までに身につけた理工学の共通知識を生かしつつ、材料の基礎から各材料の基本、応用へと展開し、集大成として4学年での卒業研究においてまとめられます。

4学年の卒業研究では、圧力-電気変換材料、光-電気変換材料、無機薄膜や有機単分子膜の機能の追求、軽量で高強度や機能を有する複合材料の研究、耐熱温度3000℃の炭素材料の研究、高温焼成や超高圧衝撃処理による新化合物の探索、航空機材料として名高いジュラルミンの経年変化、核融合炉材料や金属結晶の研究などについて、学生は自由にテーマを選び、教官とマンツーマンで研究を進めます。

卒業後は陸海空の自衛隊へと分かれていきますが、機能材料工学科の卒業生はどの自衛隊のどの職種にでも進むことができます。これまでにも、航空機の操縦士や高度な装備開発分野に進んだり、また化学兵器禁止機関といった国際機関へ派遣された卒業生がいます

機能材料工学科の専門科目

科目名 担当教官 シラバス
基礎電磁気学 阿部 洋
基礎電磁気学演習 阿部 洋,下野聖矢
基礎電気回路 石井啓介
基礎電気回路演習 石井啓介,七井 靖
機能材料工学概論 北沢信章
材料数学 岸村浩明
コンピュータ概論 岡本庸一
電磁理論 森本貴明
材料熱力学Ⅰ 有賀 敦
材料熱力学Ⅱ 岸村浩明
固体物性Ⅰ 阿部 洋
固体物性Ⅱ 岸村浩明
電子物性 石井啓介
機能材料工学実験I 担当教官
機能材料工学実験Ⅱ 担当教官
卒業研究 担当教官
電気化学 小澤真一郎,篠塚 計
材料力学 田邉豊和
結晶工学 田邉豊和
半導体工学 岡本庸一,宮崎 尚
材料評価学 小澤真一郎
光物性 北沢信章
エネルギー材料 岡本庸一
環境対応材料 有賀 敦
電子材料 石井啓介
材料プロセス学 岡本庸一
光機能材料 北沢信章
複合材料 小澤真一郎
安全と材料 篠塚 計
材料科学英語 阿部 洋
材料英語講読 全教官
特別講義