電子材料講座

講座の独自ページへ

 最新の電子デバイスに不可欠な構成要素である電子セラミックス、特に圧電、強誘電セラミックスの研究をおこなっています。近年の電子デバイス微細化により顕在化してきた非線形圧電現象や、環境問題に対応した非鉛圧電材料の探索が、最近の主たる研究テーマです。また、圧電ポリマーや非鉛圧電セラミックスの薄膜化に関する研究も行っています。

研究テーマ

圧電セラミックス
半導体セラミックス
超伝導セラミックス
圧電ポリマー

主要実験装置

ダブルビームレーザ変位計
X線回折分析装置
各種電気加熱炉
(雰囲気電気炉、ポットプレス装置、赤外線加熱急冷装置等)
エキシマレーザ
ゲインフェーズアナライザ×2
インピーダンスアナラナイザ×2
レーザアブレーション薄膜製造装置
熱分析装置(TG, DTA, TSD, TDA)


スタッフ


教授 田代 新二郎 (Shinjiro Tashiro)
教授     石井 啓介 (Keisuke Ishii)