Last update: 2013.7.23

●WIN32tools (2012/07/18版)

Convert Seismic Data in WIN32 Format (NIED) to SAC data file.

防災科学技術研究所 Hi-netのWIN32関連ツール
win32tools.tar.gz
ユーザ登録して、ログインする必要あり

# tar xvfz win32tools.tar.gz -C /usr/local
# cd /usr/local/win32tools
# make
# mkdir bin
# cp catwin32.src/catwin32 dewin.src/dewin_32 w32tow1.src/w32tow1 wadd.src/wadd_32 wch.src/wch_32 wchch.src/wchch_32 wck.src/wck_32 wed.src/wed_32 win2sac.src/win2sac_32 bin

★シェル環境の設定
~/.bash_profile に下記を追加する.

PATH=$PATH:/usr/local/win32tools/bin


●rdseed (Version5.3.1)
http://www.iris.edu/software/downloads/rdseed_request.htm
WEBのリクエストフォームに記入してダウンロード申請する
申請後にすぐにプログラムのダウンロード先のリンクのあるページが表示される

# tar xvfz rdseedv5.3.1.tar.gz -C /usr/local
# cd /usr/local/rdseedv5.3.1
# make clean
# vi Makefile
CFLAGS, LDFLAGSを適切なものにする(関係ない箇所はコメントにする)
Linux 64bit の場合はデフォルトのまま(変更不要)
# make
# cp rdseed /usr/local/bin


●win2sac (京大・大見さん作成)

Convert Seismic Data in WIN Format to SAC data file.

http://www1.rcep.dpri.kyoto-u.ac.jp/~ohmi/satsort/win2sac.htm


$ mkdir ~/bin
$ mkdir ~/WIN
$ mv win2sac_DPRI_ohmi.tar.gz ~/WIN
$ cd ~/WIN
$ tar xvfz win2sac_DPRI_ohmi.tar.gz
$ cd win2sac_DPRI_ohmi
$ vi Makefile
BIN, DEFCHL の定義をユーザ環境に合わせて変更する

$ make
$ cd ~
$ vi .bash_profile
PATHに $HOME/bin を追加する
例:
export PATH=$PATH:$HOME/bin


●win2sac (ERI版)

Convert Seismic Data in WIN Format to SAC data file.

ftp://eoc.eri.u-tokyo.ac.jp/pub/win/win2sac.tar

# tar xvf win2sac.tar -C /usr/local
# cd /usr/local/win2sac/sub

VineLinux5.1のf77(gcc バージョン 3.3.6 release )では、
"rdsac.c", "wtsac.c" の中の "exit()" の行でエラーがでたので、
すべて "exit(1)" に変更した。

# make
# cd ../src

VineLinux5.1のf77(gcc バージョン 3.3.6 release )では、
"win2sac.c" の中の "exit()" の行でエラーがでたので、
すべて "exit(4)" に変更した。

# make

★シェル環境の設定
~/.bash_profile に下記を追加する.

PATH=$PATH:/usr/local/win2sac/bin