大会規定

1        弁論

時間   弁論8分から10分以内とする。10分を超えた場合超過30秒につき1点の減点を行う。また12分にて弁論を打ち切る。

質疑応答 まず審査員からの質問が行われた後、聴衆からの質問を行う。聴衆からの質問は原則10分とする。関連質問は1人につき1回とする。

2 審査基準 

T 論旨 (整合性、独創性 各30点)

(1)整合性 弁論全体を通して論理展開が矛盾無く行われ、その趣旨が明確に伝わっているかどうか。 

(2)独創性 実行可能であり、なおかつ斬新で聴衆の興味を引く観点から弁論が行われているか。

    U 質疑応答 20

   弁論内容と矛盾していないか、聴衆の理解を促進させているかで判断する。

  V 声調態度 20

   態度が毅然としており、聴衆に聞きやすい声調で弁論が行われているかどうかで判断する。

3 表彰

優勝、準優勝、第3位各1名ずつ