OB会

OB会会則
                                   
第 一 章 総 則

(目 的)
第1条 本会は防衛大学校体操部OBの親睦を図るとともに、併せて防衛大学校体操部を充実発展させるため、物心両面にわたり支援することを目的とする。

(名 称)
第2条 本会は、防衛大学校体操部OB会と称する。

(会 務)
第3条 本会は、その目的を達成するため次の会務を行なう。
(1) 会報(大車輪)、名簿等の発行並びに同窓生間の連絡
(2) 現役体操部員に対する各種の支援並びに指導
(3) 前各号のほか必要な事項

第 二 章 会 員

(会 員)
第4条 本会の会員を、次のとおりとする。
(1) 会員・・・・防衛大学校卒業時に体操部に在籍していた者
(2) 名誉会員・・会長の提案に基づき役員会において承認された者
(3) 名誉顧問・・防衛大学校体操部の歴代部長
(4) 特別顧問・・指導官、研究科学生等として防衛大学校勤務中、体操部顧問として従事した
     者又は部外に依頼したコーチ等(会員であるものを除く)
(会 費)
第5条 本会の会員は、会費を納入しなければならない。会費の額及び納入方法は役員会で定める。

(会員の現況報告等)
第6条 会員相互の親睦連絡は、つとめて''大車輪''を利用し、勤務先(住所)、 家族構成に変更のあった場合は、その都度事務局長に連絡するものとする。
第 三 章 機 関

第7条 本会に次の機関をおく。
(1) 総会
(2) 役員会

(総 会)
第8条 総会は、すべての会員により構成する。
2 総会は、会長が必要と認めた場合、又は会員からの要望により開催する。
3 次の事項は、総会の承認を得るものとする。
(1) 会則の改正
(2) 活動計画及び活動報告
(3) 会長の選出
4 議決事項は、出席会員の過半数の同意をもって承認されたものとする。
(役 員)
第9条  本会に次の役員を置く。
 (1)会 長   1名
(2)理事長   1名
(3)理 事   陸、海、空から各2名を基準とする。
(4)事務局長  1名
(5)期別代表者 各期1名
(職 務)
第10条 各役員の職務を次のとおりとする。
(1) 会 長
会長は、本会を代表して会務を統括する。会長は前会長の推薦又は役員の互選により会員の中から選出し、総会の承認を得るものとする。その任期は二年とし、再任をさまたげない。
(2) 理 事
理事は、本会の総務及び企画の事務を行う。理事長は、理事の中から互選し、会長が指名する。
(3) 事務局長
事務局長は、本会の下記に示す事務を処理する。事務局長は、防衛大学校に勤務する会員を当てる。ただし、防衛大学校に勤務する会員がいない場合は、防衛大学校近傍に勤務する会員を当てる。
  ・  会計関係事務
・  会員の住所等の記録管理
・  部歴及び部に関する記録等の整理及び管理
・  会報名簿等の発行及びOB間の連絡事務
・  その他本会に関する全ての事務処理
(4)期別代表者
    期別代表者は、各同期生間の連絡を行う。各期主将又は各期会員の中から選出する。
(役員会)
第11条 役員会は、会長、理事長、理事及び事務局長により構成する。
2 会長及び理事長は、必要に応じ役員会を招集できる。
3 役員会は、本会の予算、決算及びその他の会務を議決処理することができる。
4 議決事項は、構成員の過半数が出席し、かつその過半数の同意をもって承認されたものとする。。
5 議決された事項については、総会又は大車輪により会員に報告するものとする。

第 四 章 会 計

(会計事項)
第12条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月末日に終る。

(経 費)
第13条 本会の経費は、会費・寄付金・その他諸収入をもってあてる。
     会費の徴収要領については、別に定める。
(監 査)
第14条  会長は、会員の中から適宜の者を指名し、収入決算を監査させるものとする。
(付 記)上記会則について、意見、修正を要する条項、質問等あれば、事務局長あて、 書面をもって御連絡下さい。