主将 山口 健太

こんにちは。 62期主将の山口と申します。私たち防衛大学校剣道部は、田島師範をはじめとして多くの顧問の先生方のご指導を受けながら、部員総勢約70名が一丸となって日々稽古に励んでいます。防衛大学校は自己の体力の向上を目的に、全ての学生に運動部の校友会に所属することを義務付けています。特に私たちは、剣道の特性を通じて稽古を続けることによって心身を鍛錬し、最終的には将来自衛隊の幹部たるに相応しい人格を獲得することを目的にしています。また、防衛大学校は勉学に加えて、学生舎生活や訓練があるために稽古の時間は制限されています。しかし、その分稽古の質を高めるべく、部員全員が真剣に剣道に向き合っています。多くの先生、先輩方やご支援をいただいている大勢の方々のご期待に添えられますよう、3年ぶり全日本の出場を目指し、全力で戦い抜いていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。