NMR研究会(春)優秀&若手ポスター賞受賞者 Since 2010

2010年の春に開催した 10-1NMR研究会から、若手ポスター賞を創設しました。ポスター発表は毎年春のNMR研究会で行われます。 概ね35歳程度までの若手研究者のポスター発表者から、毎回数件(発表件数の20~25%程度)、若手ポスター賞を授与しています。 2011年の秋(2011/12/8-9)には、NMR研究会30周年記念の講演会を開催し、特別にポスター発表も行われました。 また高分子学会のPolymer Journal誌に30周年記念特別号が発刊されました。

2015年春開催の15-1NMR研究会から、若手ポスター賞を発展解消し、優秀ポスター賞として新たに創設しました。 年齢制限を撤廃し、NMR研究に従事してまだ経験の浅い研究者を幅広く募集しています。

次回 29th NMR講座 開催日時等

2017年10月6日(金)
午前10時~午後5時20分
名古屋工業大学・4号館1F大会議室 にて開催。

交通

JR中央本線 鶴舞駅下車 東へ徒歩約8分
・Google Mapで見る⇒こちら
・NAVITIMEで電車を調べる⇒こちら

次々回 17-2 NMR研究会 予告

2017年12月1日(金)開催予定!
午前10時~午後5時
東京海洋大学 楽水会館(品川)

栄えある優秀ポスター賞(2015年度から)に輝いた受賞者をここに掲載し称えます。

  宮代 亜紗美(名工大院工) 合ゴム材料の気体拡散特性を溶液NMRを用いて求める方法の提案

  濵前 奈未(積水化学工業) 種々の界面活性剤を用いて合成されたシリカエアロゲルの

パルスNMRおよび固体NMRを用いた構造解析

  日高 悠太(東大院新領域) ポリロタキサンの溶液中におけるダイナミクス

  奥村 学(京大院農)磁場配向微結晶粉末を用いた四極子核の単結晶NMR

  長濱 充宏(徳島大院STS) ポリメタクリル酸の部分的ベンジル化とメチル化で生成する共重合体の連鎖解析

  石神 稜大(名工大院工) 共存する気体のNMRスペクトル観察における高分子フィルムの磁化率特性評価

2010~2014年に栄えある若手ポスター賞に輝いた受賞者を下記に掲載し称えます。

  谷川 竜一(カネカテクノリサーチ・徳島大院STS) 合成高分子溶液のDOSYラウンドロビンテスト:

共通測定の精度とピーク分離能

  Nghiem Thi Thuong(長岡技科大) Analysis of crosslinking junctions of accelerated sulfur

vulcanization by FG-FMAS solid state NMR spectroscopy

  戸田 政明(DIC) NMRによる誘導体化手法を活用した官能基分析法の開発

  福田國統(群馬大院工) パイ共役系高分子デバイスを対象とした周波数可変磁気共鳴装置の開発

  服部将也(東工大工) 量子化学計算によるバナナ型液晶分子の構造解明

  茂呂ふみか(三井化学分析センター) クライオNMRによる微量二重結合の定量検討

  Nguyen Thu Ha(長岡技科大)Structural Characterization of MaFunori Extracted from

Red Seaweed through NMR Spectroscopy

  樋口智章(名工大院工) Xe収着量の129Xe NMR法による決定-スペクトルの定量性に関する考察-

  藤村 昴(京大化研) P3HT:C60混合膜におけるドナー/アクセプター相互作用の固体NMR解析

  福地将志(京大化研) ホスフィンオキシド系材料の固体NMR解析

  北村成史(防衛大応化) MASで圧延した天然ゴムの固体NMRスペクトル

  橋本朋子(農業生物資源研) 固体NMR測定によるシルクフィブロインスポンジ構造の評価

  鈴木 悠(農工大工) 安定同位体ラベルモデルペプチドを用いた絹フィブロインの構造解析

  大橋龍二(東工大工) 固体19F/13C NMR法を用いたPVDF系ファイバーの結晶構造解析

  亀谷俊輔(農工大院工) アラニンオリゴマー及び天然絹繊維の固体NMR構造解析

  田中千賀子(防衛大応化) 細胞接着性配列を導入した絹様タンパク質モデルペプチドの13C CP/MAS NMR構造解析

  前田智也(徳島大院STS) DOSYによるアクリル系共重合体のキャラクタリゼーション-組成の分子量依存性

 

問い合わせ先

  • このページに関する問い合わせは asanoa@nda.ac.jp まで

  • NMR研究会に関する問い合わせは、jigyo@spsj.or.jp まで