海洋探知情報学分野

 

1.当分野の教官

岩崎  杉紀(理学博士)

 

2.当分野の研究概要

  当分野(一般大学の講座に相当)では、リモートセンシングで(例えば、デジカメ写真、レー ダ、ライダ、可視・赤外・マイクロ波放射計といった測器を用いて)離 れた所から遠くの状態を見る手法を使い、もっぱら海面下数10mから上空20kmまでの現象を研究しています。

 現在の分野の研究テーマは、 (1)熱帯の超巨大な積乱雲(オーバーシュート)、(2)海面を利用した気温の強制冷却手法(ジオエンジニアリング)、の2つです。

 学生さんに対しては、上記に 関わることなく興味あることを最優先に研究してもらっています。

 特に4年生の卒業研究は、現代芸術的な思考回路を有した 科学の「自 由なテーマ」、将来(中身はまじめだけれど)酒の肴 になるようなテーマを高く評価しています。些細なテーマでも、この方が学生も面倒見る側も手 探りで大変なのですが、思いもよらない途中過程・結果が出てくることが多く、お互いのためになります。もちろん、王道を行く研究も歓迎します。