陸上競技部紹介

防衛大学校陸上競技部は100名の部員数を誇る、防衛大学校内でも2番目に多い校友会です。
短距離、中距離、長距離、投擲、跳躍パートで構成されており、各パートごとに練習を行っています。
練習時間は、平日 16:30~18:10 、休日 09:00~11:30 です。
練習場所は、校内の競技場です。
初心者から経験者まで多くの学生が所属しているため、どんな学生でも大歓迎です!!
防衛大学校に入校した暁には是非、陸上競技部へ!!

練習場所

 

監督挨拶

 防衛大学校は、軍事の専門家である前によき社会人であることと、知・徳・体の均衡のとれた人格形成をめざすことを教育方針とし、幹部自衛官となるべき者の教育を前提とした、防衛省施設等機関の一つです。学生比率は、理系8,文系2であり、卒業時には学士号が取得できます。陸上競技部は、1953年11月3日に保安大学校(防衛大学校の前身)校友会発足に伴い正式な活動が始まり、以後、多くの関係者の方々のご指導ご鞭撻をいただき、2003年には創部50周年を迎えました。全国大会で優勝または上位入賞選手や箱根駅伝学生選抜チームでの本戦出場選手を輩出し、チームとして2度箱根駅伝本戦出場を果たしている伝統ある部でもあります。

 防衛大学校の校友会活動は、入校後、必ず運動部に所属し活動することとなっており、学生生活における3本柱(学科教育、訓練、校友会活動を含む学生舎生活)の一つとされ、陸上競技部は、毎年経験者だけではなく初心者も多数入部するため、部員が100名を超え、学内で2番目に部員数の多い部となっています。

 学生の平日は、分単位のスケジュールで行動しておりますが、平日夕方は、校友会時間として約2時間の活動時間が与えられています。体育施設は充実しており、陸上競技部は、全天候型の競技場において活動ができます。練習が終了すれば、競技場から歩いて5分以内で入浴と夕食が用意されており、運動をする環境としては、大変恵まれた環境にあります。

 初心者から経験者まで、部員のレベルは様々ではありますが、各部員がそれぞれの目標をもって日々活動しており、陸上競技を通して4年間充実した生活を送ることができ、学生たちは陸上競技部で活動して良かったという言葉を残して卒業していきます。

 このウェブサイトを通じて、本部についてご理解いただき、特に高校生のみなさんには、本学への進学、本部への入部を目指していただければ幸いです。

              防衛大学校陸上競技部 監督  和泉 憲昌


主将挨拶



 

 64期防衛大学校陸上競技部主将を務めさせていただく古本菜々子学生です。

 陸上競技部としては初めての女子主将となりました。このような立場に任せていただくことに感謝と誇りを持ち、競技力で部を引っ張っていけるよう日々精進していく所存であります。

 今年度の部員数も100人を超え、防衛大学校の校友会の中でも2番目に多いということでますます存在感を出しています。このような大きな組織ではありますが、部員全員が防衛大学校の学生であるというプライドを持って強豪大学の学生たちと対等に戦えるように日々練習に励んでいます。グラウンドではそれぞれのパートに分かれて練習を行っていますが、他パートの学生に声援を送ったり合同練習を行うなど互いに刺激しあうことの出来る関係にあります。

 64期政権のスローガンを”真の笑顔”としました。このスローガンは、64期政権が終わった時全員が「私は陸上競技部が誰よりも大好きなんだ」と笑顔で言えるようなシーズンにしたいという想いから決めました。心から好きだと思うためには漠然と校友会を行うのではなく、競技者として真剣に陸上に向き合い目標に向かって努力しなくてはなりません。真剣に向き合えば向き合うほど思うようにいかずに悩んだり、辛いと思ったりすることが多くあると思います。それでも試練を乗り越えて各人が目標を達成し、最後には笑顔でシーズンが終えられるよう日々練習を積み上げていく所存であります。

 最後になりますが、大会や合宿をはじめとする様々な場面で多大なご支援をいただき、私たち陸上部員が日ごろより素晴らしい環境のもと、陸上競技に取り組むことができているのも、OB会の皆様をはじめとする部長、監督、顧問の方々のご指導、ご声援があってこそだと感じ、深く感謝を申し上げます。我々陸上競技部はご期待に応えられますよう、努力を怠らず日々切磋琢磨し精進してまいります。まだまだ未熟な私たちですが、今後ともご指導、ご声援の程よろしくお願い申し上げます。

64期防衛大学校陸上競技部 主将  古本 菜々子   

 

クラブ員構成

学年 人数
4年生(65期) 32名
3年生(66期) 27名
2年生(67期) 31名
1年生(68期) 10名