Sorry Japanese Only
last update 2017.4.3
−Contents− introduction archives link 講座
(研究室)
学部生(本科)
入試情報
大学院(研究科)
入試情報
機械システム工学科 防衛大学校


公表業績の記録

All Rights Reserved Copyright (C) 1995- Hidehisa Yoshida

  • -2016-
  • 論文

    [30] 北原 圭,玉川 迅,吉田秀久,ポンサトーン ラクシンチャラーンサク,毛利 宏:低速走行時の操舵負担解消を目指した新しい操舵系の開発とその有効性,日本機械学会論文集,82巻840号(2016-8.25),doi:10.1299/transjsme.15-00687

    国際会議

    [40] Hidehisa YOSHIDA, Junya YAMAKAWA, Toyoyuki HONJO, Driver's Steering Torque Modeling based on Lateral Deviation and Reaction Torque, Proceedings of AVEC'16 (13th International Symposium on Advanced Vehicle Control), Munich, Germany, September 13-16, pp.341-344, ISBN 978-1-138-02992-7, doi:10.12019781315265285

    国内講演論文発表

    [90] 吉田秀久,本城豊之,山川淳也:高速走行時の操舵トルクの特徴的なパラメータ抽出の検討 , 日本機械学会 第25回交通・物流部門大会(TRANSLOG 2016) 講演論文集(CD-ROM)(東京),1119, No.16-36, (2016.11.30-12.02)


  • -2015-
  • 論文

    [29] 山口秀谷,吉田秀久:凹形円錐レバーと円盤で構成された二次元比例摩擦ダンパに関する研究(簡易モデルによる基本的特性の検討),日本機械学会論文集,81巻827号(2015-7),doi:10.1299/transjsme.15-00097

    [28] 吉田秀久,小嶺長芳, 山口秀谷:操舵トルクによるドライバモデルの基礎的検討(進路変更と車線維持の動作遷移モデル),日本機械学会論文集,81巻826号(2015-6),doi:10.1299/transjsme.15-00116

    国際会議

    [39] Hideya Yamaguchi, Hidehisa Yoshida, Two-Dimensional Linear Friction Damper Consisting of Concave Cone and Cylindrical Member (Investigation of Performance by Numerical Simulation and Experiment), Proceedings of 2015 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition, Houston, Texas, USA, November 13-19, doi:10.1115/IMECE2015-50130

    [38] Hidehisa Yoshida, Hideya Yamaguchi, Primitive Modeling of Driver's Steering Torque using Front Field of View and Reaction Torque , Proceedings of 3rd International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents (FAST-zero'15), Gothenburg, Sweden, September 9-11,2015, pp.606-611

    総説・解説

    [15] Hidehisa Yoshida, Manabu Omae, and Takahiro Wada,Toward Next Active Safety Technology of Intelligent Vehicle,Journal of Robotics and Mechatronics,Fuji Technology Press Ltd. (Vol.27, No.6), pp.610-616

    [14] Hidehisa Yoshida, Manabu Omae, and Takahiro Wada,Special Issue on Intelligent Vehicle Technologies for Safety and Active Life,Journal of Robotics and Mechatronics,Fuji Technology Press Ltd. (Vol.27, No.6), p.609

    国内講演論文発表

    [89] 玉川 迅,北原 圭,毛利 宏,佐藤 桂,吉田 秀久:低速走行時の操作性を向上させる新しい操舵系の提案, 日本機械学会 2015年度年次大会 講演論文集(CD-ROM)(東京),G1800303, No.15-1, (2015.9.13-16)


  • -2014-
  • 論文

    [27] 山口秀谷,古川雄基,吉田秀久:傾斜レバーと円柱ブロックで構成された比例摩擦ダンパを用いた振動絶縁装置に関する研究,日本機械学会論文集(C編),80巻815号(2014-7),doi:10.1299/transjsme.2014dr0206

    [26] 山口秀谷,古川雄基,吉田秀久:板ばねで支持された傾斜レバーと円柱ブロックで構成された比例摩擦ダンパに関する研究,日本機械学会論文集(C編),80巻814号(2014-6),doi:10.1299/transjsme.2014dr0158

    国内講演論文発表

    [88] 吉田秀久,山口秀谷:前方視界と反力トルクを受けるドライバ操舵の基礎実験, 日本機械学会 第23回交通・物流部門大会 (TRANSLOG 2014)講演論文集(東京),3214, No.14-65, (2014.12.1-3), pp.263-264

    [87] 北原圭,玉川迅,吉田秀久,ポンサトーンラクシンチャラーンサク,毛利宏:低速走行時の操舵における問題点の抽出とその解決法に関する考察, 日本機械学会 第23回交通・物流部門大会 (TRANSLOG 2014)講演論文集(東京),1303, No.14-65, (2014.12.1-3), pp.187-188

    [86] 吉田秀久,小嶺長芳,山口秀谷:高速走行時の操舵トルクによるドライバモデル, 日本機械学会 2014年度年次大会 講演論文集(CD-ROM)(東京),G1810202, No.14-1, (2014.9.7-10)

    [85] 山口秀谷, 吉田秀久:二次元比例摩擦ダンパ開発のための基礎的研究, 日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2014 講演論文集(CD-ROM)(東京),430, No.14-17, (2014.8.26-29)


  • -2013-
  • 著書
    [3] 東日本大震災合同調査報告書編集委員会,東日本大震災合同調査報告書 機械編,一般社団法人日本機械学会,(2013.8),ISBN:978-4-88898-232-0,(WG4委員)

    論文

    [25] 吉田秀久,荒井貞勝,山口秀谷:左右制駆動力差とキングピンオフセットにより前輪操舵する超小型電気自動車の自動操舵と回避時間解析,日本機械学会論文集(C編),79巻806号(2013-10),pp.3335〜3346

    [24] 吉田秀久,荒井貞勝,山口秀谷:左右制駆動力差とキングピンオフセットにより前輪を操舵する超小型電気自動車の自動操舵性能に関する一考察,自動車技術会論文集,Vol.44, No.5, Septmber 2013,20134703, pp.1241-1248

    国際会議

    [37] Hidehisa YOSHIDA, Sadakatsu Arai, Hideya Yamaguchi, Switching Conditions of Automatic Avoidance and Stop System for Active Torque Steered Micro-size Vehicle, Proceedings of Second International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero traffic accidents (FAST-zero'13), Nagoya, Japan, TS1-6-4, 20134650, September 22-26,2013

    [36] H. Yamaguchi, Y. Furukawa, H. Yoshida , LINEAR FRICTION DAMPER CONSISTED OF TILT LEVER SUPPORTED WITH LEAF SPRING AND CYLINDRICAL BLOCK, Proceedings of 11th Intermational Conference RASD2013, Pisa, Italy, 901, July 1-3,2013

    国内講演論文発表

    [84] 吉田秀久,山口秀谷:超小型ATS車両による自動回避・停止システム, 日本機械学会 関東支部 第20期総会講演会演論文集(東京),21406, (2014.3.14)

    [83] 山口秀谷,古川雄基, 吉田秀久:傾斜レバーと円柱ブロックで構成された比例摩擦ダンパを用いた振動絶縁装置に関する研究, 日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2013 講演論文集(CD-ROM)(福岡),238, No.13-18, (2013.8.26-30)


  • -2012-
  • 国際会議

    [35] Hidehisa Yoshida,Design of Tactile Warning on Steering Wheel Using the Surface Myoelectricity Response,SAE International,TSAE-13AP-0073 (03/25/2013),doi:10.4271/2013-01-0073

    [34] Hidehisa YOSHIDA, Hideya Yamaguchi, Vibration Suppression and Fault Tolerance in Vehicle Body Tilting System Using Variable Link Mechanism , Proceedings of the International Symposium on Speed-up, Safety and Service Technology for Railway and Maglev Systems (STECH'12), Seoul, Korea, Rolling Stock 3, September 17-19,2012

    [33] Hidehisa YOSHIDA, Sadakatsu Arai, Hideya Yamaguchi,Tire Force Evaluation of Active Torque Steered Control by Micro-Electric Vehicle, Proceedings of 11th International Symposium on Advanced Vehicle Control (AVEC'12), Seoul, Korea, APSS1-3, September 9-12,2012

    国内講演論文発表

    [82] 吉田秀久,荒井貞勝,山口秀谷:左右制駆動力差とスクラブ半径により前輪操舵するmicro-EVの自動操舵と回避時間解析, 日本機械学会 第21回交通・物流部門大会演論文集(東京),No.12-79, 3315, (2012.12.5-7),pp.179〜182

    [81] 吉田秀久,荒井貞勝,山口秀谷:アクティブトルクステア車両による自動回避における最短回避時間解析, システム制御情報学会,第55回自動制御連合講演会, 京都,2K203, (2012.11.17-18)

    [80] 古川雄基,山口秀谷,吉田秀久:板ばねで支持された傾斜レバーと円柱ブロックで構成された比例摩擦ダンパに関する研究, 日本機械学会 2012年度年次大会 講演論文集(CD-ROM)(金沢),S102035, No.12-1, (2012.9.9-12)


  • -2011-
  • 論文

    [22] 吉田秀久,能動的ハンドル操舵の客観評価手法構築に向けた表面筋電位計測の台上実験と警報設計への適用,防衛大学校理工学研究報告,49巻1号(2011-9),pp.101〜108

    [21] 山口秀谷,吉田秀久,円柱形摩擦ブロックと傾斜レバーで構成された比例摩擦ダンパに関する研究(スプラグスリップの検討),日本機械学会論文集(C編),77巻776号(2011-4),pp.1213〜1222

    国際会議
    [31] Sadakatsu Arai, Hidehisa YOSHIDA, Hideya Yamaguchi,Automatic Obstacle Avoidance System by Steered Vehicle using Active Wheels Torque Control of Traction and Braking, Proceedings of First International Symposium on Future Active Safety Technology toward zero-traffic-accident (FAST-zero'11), Tokyo, JAPAN, TS3-8-3-4 (20117398), September 5-9,2011

    [30] Hideya Yamaguchi, Hidehisa YOSHIDA, Linear Friction Damper Consisted of Cylindrical Block and Inclined Lever (Improvement to Avoid Sprag-Slip Problem and Analytical Model to Verify Cause) , Proceedings of the ASME 2011 Pressure Vessels & Piping Division Conference (PVP2011), Baltimore, Maryland, USA, PVP2011-57073, July 17-21, 2011

    総説・解説

    [13] 吉田秀久,末冨隆雅,古川修,予防安全システム―道路交通環境における安全・安心のための車両技術―,日本機械学会誌2011年1月号,日本機械学会(第114巻,第1106号),pp.32-35

    [12] 吉田秀久,【巻頭言】「最近の安全・安心のための技術」特集号発刊に際して ,日本機械学会誌2011年1月号,日本機械学会(第114巻,第1106号),p.11

    国内講演論文発表
    [79] 吉田秀久,山口秀谷:筋電位指標による操舵トルク警報の設計, 日本機械学会2011 年度年次大会, 東京,J181011, (2011.9.11-14)


  • -AY2010-
  • 著書
    [2] 綱島均,中代重幸,吉田秀久,丸茂喜高,クルマとヒコーキで学ぶ 制御工学の基礎,コロナ社,(2011),ISBN:978-4-339-03200-0

    論文
    [20] 山口秀谷,吉田秀久,円柱形摩擦ブロックと傾斜レバーで構成された比例摩擦ダンパに関する研究,日本機械学会論文集(C編),76巻765号(2010-5),pp.1178-1184

    国際会議
    [29] Hideya Yamaguchi, Hidehisa YOSHIDA, Linear Friction Damper Consisting of Cylindrical Friction Block and Inclined Lever (Investigation of Fundamental Property), International Conference of Noise and Vibration Engineering ISMA2010-USD2010 Conference, Leuven(Belgium), ID104,(2010.920-22)

    総説・解説
    [11] 宮崎恵子,吉田秀久,杉山博之,李家賢一,中野公彦,宮本岳史,島宗亮平,大野寛之,【研究展望】TRANSLOG2009/J-RAIL2009 における研究動向,日本機械学会論文集(C編),第76巻,第770号,(2010.10),pp.2354〜2357

    [10] 吉田秀久,鉄道車体の振動と運動の制御,若手技術者のための「鉄道車両のダイナミクスと制御」講習会テキスト,日本機械学会,No.10-73,(2010.7.2),pp.43-49

    国内講演論文発表
    [78] 荒井貞勝,吉田秀久,山口秀谷:左右駆動力差による操舵車両の自動衝突回避,日本機械学会 第19回交通・物流部門大会講演論文集(川崎),No.10-54,(2010.12.1-3),pp.173-176

    [77] 山口秀谷,吉田秀久:円柱形摩擦ブロックと傾斜レバーで構成された比例摩擦ダンパに関する研究(スプラグ・スリップ問題の検討),日本機械学会関東支部総会講演会講演会論文集(川崎,明治大学),(2010.3.10),pp.31-32


  • -AY2009-
  • 総説・解説
    [9] Hitoshi TSUNASHIMA, Hidehisa YOSHIDA, Kazuhisa ABE, Yohei MICHITSUJI, Katsuya TANIFUJI, Yoshiaki TERUMICHI, Preface -Special issue on STECH'09-, Journal of Mechanical Systems for Transportation and Logistics (JSME), Vol.3, No.1, p.1

    [8] 吉田秀久,鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL2009)開催にあたって,第16回鉄道技術連合シンポジウム講演論文集,日本機械学会,No.09-65,(2009.12.2-4)

    [7] 吉田秀久,機械工学年鑑 21. 交通・物流 21.2 鉄道,日本機械学会誌,日本機械学会,112巻-108号,(2009.8),pp.76-77

    [6] 大石久己,河村庄造,宇治橋貞幸,古屋治,吉田聖一,吉田秀久,田川泰敬,藤田勝久:【研究展望】D&D2008におけるダイナミクスと制御の研究動向 ,日本機械学会論文集(C編),75巻753号(2009-5),pp.1225-1233

    国内講演論文発表
    [76] 吉田秀久,山口秀谷:永久磁石を用いた渦電流ブレーキの基礎実験,日本機械学会2009年年次大会講演論文集(7)(岩手大学),No.09-1,J1001-1-3,2009.9.13-16

    [75] 山口秀谷, 吉田秀久:円柱形摩擦ブロックと傾斜レバーで構成された比例摩擦ダンパに関する研究,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2009, No.09-23, 460, 2009.8.3-8


  • -AY2008-
  • 論文
    [19] 吉田秀久,永井正夫,潮見俊輔,末木健之:可変リンク機構による鉄道車両の車体傾斜制御に関する基礎的研究(第2報, 完全車体傾斜条件に基づく車体傾斜制御系の設計) ,日本機械学会論文集(C編),74巻743号(2008-7),pp.1775-1782

    [18] Hidehisa YOSHIDA, Shuntaro SHINOHARA, Masao NAGAI : Lane Change Steering Maneuver using the Model Predictive Control Theory, Supplement to the International Journal of Vehicle System Dynamics, Volume 46, Taylor & Francis UK, (2008), pp.669-681

    国際会議
    [28] Hidehisa YOSHIDA, Satoshi TAKAMURA, Masao NAGAI : Steering Torque Design of Attitude Control Assistance System for Lane-Keeping Situation, Proceedings of AVEC'08 (9th International Symposium on Advanced Vehicle Control), Kobe, Japan, (2008), pp.40-45

    国内講演論文発表
    [74] 山口秀谷, 川崎誠一,吉田秀久:段付きはりの軸力加振を利用したMEMS光スキャナに関する研究,日本機械学会 Dynamics & Design Conference 2008, No.08-14, 228, 2008.9.2-5


  • -AY2007-
  • 論文
    [17] Hidehisa YOSHIDA and Masao NAGAI : Study of a Car Body Tilting System Using a Variable Link Mechanism: Fundamental Characteristics of Pendulum Motion and Strategy for Perfect Tilting, Journal of System Design and Dynamics, Vol. 1, No. 2 (2007), pp.200-211 [PDF(961kB)]

    国際会議
    [27] Hidehisa YOSHIDA, Shuntaro SHINOHARA, Masao NAGAI : Lane Change Steering Maneuver using the Model Predictive Control Theory, The 20th IAVSD Symposium "The Dynamics of Vehicles on Roads and Tracks" (IAVSD20),International Association for Vehicle System Dynamics, UC Berkeley, USA, (2007), pp.45-47

    総説・解説
    [5] 吉田秀久:予防安全性能評価に向けたドライバモデル,自動車技術会シンポジウムNo.01-07,進化をつづける予防安全技術,アクティブセイフティ部門委員会主催,2007年7月23日,化学会館,pp.17-22

    国内講演論文発表
    [73] 高村智, 吉田秀久, 永井正夫:車線追従走行時のヨー角支援制御における操舵反力設計,日本機械学会 第16回交通・物流部門大会(TRANSLOG2007), No.07-51, 2203, 2007.12.12-14, p171-174

    [72] 高村智, 吉田秀久, 永井正夫:車線追従走行時のヨー角支援制御における操舵反力設計による効果,日本機械学会2007年度年次大会講演論文集(7)(関西大学), No.07-1, 4314, 2007.9.10-12, p363-364

    [71] 富田暁, 吉田秀久, 永井正夫:シート接触圧を用いたドライバ挙動抽出手法の検討,日本機械学会2007年度年次大会講演論文集(7)(関西大学), No.07-1, 0222, 2007.9.10-12, p55-56


  • -AY2006-
  • 著書
    [1] (社)日本機械学会編,おもしろメカワールド,オーム社,(2006),ISBN4-274-20266-6,(編集委員長:佐藤勇一(埼玉大学) 執筆者他15名による共著)

    論文集
    [16] Masao Nagai, Hidehisa Yoshida, Takayuki Tohtake, Yasufumi Suzuki, Coupled vibration of passenger and lightweight car-body in consideration of human-body biomechanics,The International Journal of Vehicle System Dynamics, Taylor & Francis UK, Vol.44 Supplement, pp.601〜611

    [15] 吉田秀久,永井正夫,可変リンク機構による鉄道車両の車体傾斜制御に関する基礎的研究(第1報,リンク機構による基本振り子特性と完全車体傾斜条件),日本機械学会論文集(C編),72巻721号 (2006-9),pp.2748-2755

    [14] 遠竹隆行,吉田秀久,永井正夫,乗客質量と弾性車体との連成振動を考慮した鉄道車両の運動解析,日本機械学会論文集(C編),72巻716号(2006-4),pp.1115-1121

    [13] Hidehisa Yoshida, Masao Nagai, Hiroshi Mouri, Shigeki Sato: A Study on Vehicle Lane departure Delay System, Review of Automotive Engineering (JSAE), Vol.27, No.2, April 2006, pp.273-248

    国際会議
    [26] Hidehisa YOSHIDA, Shinichi AWANO, Masao NAGAI and Takayoshi KAMADA, Target Following Brake Control for Collision Avoidance Assist of Active Interface Vehicle, SICE-ICCAS2006, Korea, (2006), TE20-(5),(CD-ROM)

    [25] Hidehisa YOSHIDA, Takayuki TOHTAKE, Takayoshi KAMADA , Masao NAGAI, Vibration Analysis of Railway Vehicle by Evaluating the Coupled Passenger-Carbody Vibration, STECH'06, (2006) pp.122-129

    [24] Takayuki TOHTAKE, Masao NAGAI, Takayoshi KAMADA and Hidehisa YOSHIDA, Active Vibration Control of Elastic Vehicle Body with Smart Structure, STECH'06, (2006), pp.60-66

    [23] Takayoshi Kamada, Noboru Miyoshi, Masao Nagai and Hidehisa Yoshida, Experimental Study on Forward Collision Warning System Adapted for Driver Characteristics, Driving Simulation Conference-Asia/Pacific 2006 (DSC-Asia/Pacific 2006), The Japan Society of Mechanical Engineers, Tsukuba, Japan, (2006), (CD-ROM: No.40)

    総説・解説
    [4] 吉田秀久:トピックス「人体車体連成振動系の解明と鉄道車体のスマート構造化」,日本機械学会誌,Vol.109,No.1057,pp.999 (2006.12)

    国内講演論文発表
    [70] 永井正夫, 鎌田崇義, 吉田秀久:個人運転操作情報に基づくアクティブインターフェイス技術の開発, 日本機械学会 第15回交通・物流部門大会(TRANSLOG2006), No.06-52, 1103, 2006.12.13-15, p411-414

    [69] 菊田真仁, 吉田秀久, 永井正夫:人体と車体との連成振動を考慮した弾性振動乗り心地の解析,日本機械学会 第15回交通・物流部門大会(TRANSLOG2006), No.06-52, 3208, 2006.12.13-15, p203-204

    [68] 野村幸代, 吉田秀久, 永井正夫:ステアリングギヤ比と操舵トルクの変化に対するドライバ操舵挙動の解析,日本機械学会 第15回交通・物流部門大会(TRANSLOG2006), No.06-52, 3207, 2006.12.13-15, p199-202M

    [67] 皆川真範, 吉田秀久, 永井正夫:アクティブインタフェース車両の前輪操舵と制駆動力配分の協調制御,日本機械学会 第15回交通・物流部門大会(TRANSLOG2006), No.06-52, 3206, 2006.12.13-15, p195-198

    [66] 三好 昇, 鎌田崇義, 永井正夫,吉田秀久:左右独立制動による路面状態に適応した前方障害物衝突回避に関する研究, 日本機械学会 第15回交通・物流部門大会(TRANSLOG2006), No.06-52, 1214, 2006.12.13-15, p241-244

    [65] 篠原俊太郎, 吉田秀久, 永井正夫:操舵を用いた自動衝突回避システムへのモデル予測制御の適用,日本機械学会 第15回交通・物流部門大会(TRANSLOG2006), No.06-52, 1213, 2006.12.13-15, p237-240

    [64] 永井正夫, 皆川真範, 吉田秀久, 増田泉, 平野宏和:左右制駆動力配分を利用したアクティブインタフェース技術の開発,自動車技術会2006年秋季大会(札幌), 学術講演会前刷集, No.139-06, 278, 2006.9.27-29, p13-16

    [63] 富田暁, 吉田秀久, 永井正夫:実道路環境下における運転行動計測によるブレーキ支援の評価,日本機械学会2006年度年次大会講演論文集(5)(熊本大学), No.06-1, 3812, 2006.9.19-21, p489-490

    [62] 高瀬優, Pongsathorn Rakcinchroensak, 吉田秀久, 永井正夫:操舵反力発生装置を有するドライビングシミュレータによるドライバの運転特性の解析,日本機械学会2006年度年次大会講演論文集(5)(熊本大学), No.06-1, 3810, 2006.9.19-21, p485-486

    [61] 道辻洋平, 永井正夫, 吉田秀久, 森中陽平:ドライブレコーダを用いた通勤運転パターン解析,日本ロボット学会第24回学術講演会(岡山大学), 2006.9.14-16, CD-ROM-3M32

    [60] 平泉和幸, 鎌田崇義, 遠竹隆行, 吉田秀久, 永井正夫:積層型ピエゾアクチュエータによる鉄道実車両の弾性振動低減に関する研究,日本機械学会機械力学計測制御部門 Dynamics and Design Conference 2006 (名古屋), 616, 2006.8.6-9, CD-ROM-616

    [59] 富岡隆弘, 瀧上唯夫, 鈴木康文, 吉田秀久, 永井正夫:乗客による鉄道車両の車体弾性振動への減衰付与効果,日本機械学会機械力学計測制御部門 Dynamics and Design Conference 2006 (名古屋), 419, 2006.8.6-9, CD-ROM-419


  • -AY2005-
  • 論文
    [12] Hidehisa Yoshida, Masao Nagai, Takayoshi Kamada, Yuya Shimozato: Experiment and Design of Advanced Brake Assist System for Active Interface Vehicle Based on Driver's Gas Pedal Operation, Review of Automotive Engineering (JSAE), Vol.26, No.2, April 2005, pp.237-243

    国際会議
    [22] Hidehisa Yoshida, Takayoshi Kamada, Masao Nagai, Advanced Driver Assist System Based on Driving Characteristics Analysis for Active Interface Vehicle, 12nd World Congress on Intelligent and Transport Systems and Service (ITS), 3413, 6-10 November (2005) - San Francisco, USA (Full Paper), (CD-ROM: 3413)

    [21] Masao Nagai, Hidehisa Yoshida, Takayuki Tohtake, Yasufumi Suzuki: Coupled vibration of passenger and lightweight car-body in consideration of human-body biomechanics, , The 19th IAVSD Symposium "The Dynamics of Vehicles on Roads and Tracks",International Association for Vehicle System Dynamics, Milano, Italy, (2005),#90

    [20] Hidehisa Yoshida, Masaya Yamada Takayoshi Kamada, Masao Nagai: Development of active interface vehicle, The 19th IAVSD Symposium "The Dynamics of Vehicles on Roads and Tracks",International Association for Vehicle System Dynamics, Milano, Italy, (2005), (CD-ROM: P#119)

    国内講演論文発表
    [58] 粟野伸一,吉田秀久,永井正夫:高齢運転者のための緊急時ブレーキ支援システムの検討,日本機械学会 第14回交通・物流部門大会(TRANSLOG2005)(川崎)論文集,No.05-52,2104,p215-218

    [57] 菊田真仁,遠竹隆行,吉田秀久,永井正夫:乗客と弾性車体の連成振動の解明(立位と座位との比較検討),日本機械学会 第14回交通・物流部門大会(TRANSLOG2005)(川崎)論文集,No.05-52,2209,p147-150

    [56] 永井正夫,吉田秀久,ポンサトーンラクシンチャランサク,山田将也:人間・自動車系の動特性に適合するステアバイワイヤシステムに関する研究,ITS-Japan,Proceeding of 第4回ITS-Japanシンポジウム(東大生研),2005.12.1,pp.15-20

    [55] 三好 昇,永井正夫,鎌田崇義,吉田秀久:個人運転操作情報の解析に基づく運転支援システムの提案,自動車技術会 2005年度秋季大会 (福岡)学術講演会前刷集, No.116-05, 153, 2005.9.28-30, pp.17-20

    [54] 吉田秀久,粟野伸一,鎌田崇義,永井正夫:ドライバの個人特性に応じたブレーキ支援システム,自動車技術会 2005年度秋季大会 (福岡)学術講演会前刷集, No.100-05, 75, 2005.9.28-30, pp.13-16

    [53] 永井正夫,吉田秀久,山田将也,ポンサトーンラクシンチャランサク:Steer-By-Wire技術によるドライバーフレンドリーな運転支援システム,日本機械学会2005年度年次大会 (東京都調布市)講演論文集Vol.7, No.05-1, 2313, 2005.9.19-22, pp.113-114

    [52] 永井正夫,吉田秀久,牧島信吾,遠竹隆行:鉄道車体の弾性振動の連成を検討するための乗客モデルの検討,日本機械学会2005年度年次大会 (東京都調布市)講演論文集Vol.7, No.05-1, 4005, 2005.9.19-22, pp.291-292

    [51] 吉田秀久,鎌田崇義,永井正夫:個人運転操作情報の解析に基づく運転支援システムの提案,第23回ロボット学会 (日吉), 3D25, 2005.9.15-17, CD-ROM

    [50] 鎌田崇義,藤波和寛,吉田秀久,永井正夫,藤田善昭,首藤正志,海田勇一郎:エレベータの乗り心地に関する実験的研究(周波数と波数の影響),日本機械学会機械力学計測制御部門 Dynamics and Design Conference 2005 (新潟), No.05-15, 532, 2005.8.22-25, CD-ROM-532

    [49] 永井正夫,吉田秀久,遠竹隆行,牧島信吾:乗客の連成振動による鉄道車体の弾性振動に関する実験的考察,日本機械学会機械力学計測制御部門 Dynamics and Design Conference 2005 (新潟), No.05-15, 520, 2005.8.22-25, CD-ROM-520

    [48] 吉田秀久,永井正夫:車両逸脱遅延システムに関する一考察,自動車技術会,2005年度春季大会(横浜)学術講演会前刷集, No.53-05, 265, (2005)


  • -2004-
  • 論文
    [11] Masao Nagai, Hidehisa Yoshida, Takeshi Sueki, Shunsuke Shiomi: Study on Car Body Tilting System Using Variable Link Mechanism (Perfect Tilting Condition and Tilting Control), JSME International Journal 2004 Vol. 47, No.2,(2004), p.p.471-476[PDF(3459K)]

    [10] Nuksit Noomwongs,吉田秀久, 永井正夫: タイヤHILシミュレータによる車両運動性能の研究(第2報,サスペンションとステアリングを考慮した解析), 自動車技術会論文集,(2004年4月) Vol.35 No.2, p153〜p158

    [9] 永井正夫,吉田秀久,Nuksit Noomwongs,横井隆,川眞田智,小林克宏: タイヤHILシミュレータによる車両運動性能の研究 (第1報,タイヤHILシミュレータの開発),自動車技術会論文集,(2004年4月) Vol.35 No.2, p147〜p152

    [8] 永井正夫,五十嵐政,吉田秀久: 加加速度を考慮したドライビングシミュレータの運動感覚模擬, 自動車技術会論文集,Vol.35, No.1, January 2004, pp.223-238

    国際会議
    [19] Hidehisa Yoshida, Takayoshi Kamada, Masao Nagai: ADVANCED BRAKE ASSIST SYSTEM FOR ACTIVE INTERFACE VEHICLE BASED ON DRIVER'S OPERATION, 11ST World Congress on Intelligent and Transport Systems and Service (ITS), 3420, TP35, 8/20, 18-24 October (2004) - Nagoya, Japan (Full Paper), (CD-ROM: 3420)

    [18] Hidehisa Yoshida, Masao Nagai, Takayoshi Kamada, Yuya Shimozato: Advanced Brake Assist System for Active Interface Vehicle Based on Driver's Gas Pedal Operation, International Symposium on Advanced Vehicle control (AVEC2004), Arhem, Netherlands, (2004), (CD-ROM: 227)

    [17] Nuksit Noomwongs, Hidehisa Yoshida, Masao Nagai, Katsuhiro Kobayashi, Takashi Yokoi : Study on Handling and Stability Considering Longitudinal Motion by Using Tire Hardware-In-the-Loop Simulator, Proceedings of the 30th FISITA World Congress, Proceedings CD, No. F2004F398, Barcelona, SPAIN May 2004

    [16] Panat Leelavansuk, Hidehisa Yoshida, Masao Nagai : Evaluation of Attitude Control Assistance System First IFAC Symposium on "Advances in Automotive Control", (2004), Italy Salerno (CD-ROM)

    総説・解説
    [3] 吉田秀久,永井正夫:操舵支援制御系と人間との操舵協調性,自動車技術会シンポジウムNo.13-04,人と技術の協調によるアクティブセイフティ,アクティブセイフティ部門委員会主催,2004年9月30日,工学院大学

    国内講演論文発表
    [47] 吉田秀久,下里裕也,鎌田崇義,永井正夫:ドライバのペダル操作に基づく新しいブレーキ支援システム,ITS-Japan Proceeding of 第3回ITS-Japanシンポジウム(名古屋大学),2005.1.22,pp.423-428

    [46] 藤波和寛,吉田秀久,永井正夫,鎌田崇義,藤田善昭,首藤正志,海田勇一郎,小林清:高速エレベータの乗り心地評価法に関する研究,日本機械学会 第13回交通・物流部門大会(TRANSLOG2004)(川崎)論文集,No.04-53,p141-144

    [45] 山田将也,永井正夫,鎌田崇義,吉田秀久:アクティブインターフェイスビークルの開発,日本機械学会 2004年度自動制御連合講演会, (CD-ROM:講演番号712)

    [44] 牧島信吾,遠竹隆行,吉田秀久,鎌田崇義,永井正夫:バイオメカニクスを考慮した乗客と車体との連成振動の解明,日本機械学会 2004年度年次大会講演論文集(7) , No.04-1, 2612, 2004.9.5-9, pp.161 -162

    [43] 吉田秀久,Nuksit Noomwongs,大和田昇,鎌田崇義,永井正夫:カート車両の操縦安定性とその実時間評価システム,自動車技術会,2004年度春季大会(横浜)学術講演会前刷集, No.55-04, 278, (2004)


  • -AY2003-
  • 論文
    [7] Panat Leelavansuk, Hidehisa Yoshida, Masao Nagai : Cooperative Steering Characteristics of Driver and Lane-Keeping Assistance System,International Journal of ITS Research, Vol. 1, No.1,

    [6] Nuksit Noomwongs, Hidehisa Yoshida, Masao Nagai, Katsuhiro Kobayashi, Takashi Yokoi:Study on Handling and Stability by Using Tire Hardware-In-the-Loop Simulator,JSAE Review, Vol. 24, No.4, 2003.10, p.p.457-464

    [5] 吉田秀久,永井正夫:電気式アクチュエータによる鉄道車両の車体傾斜制御に関する基礎的研究(第2報,車体ロール角を用いたフィードバック制御法)、日本機械学会論文集(C編),66巻685号(2003-9),pp.2424-2430

    [4] 永井正夫,下光喜代崇,吉田秀久,毛利宏:操舵トルク支援制御系と人間との操舵協調性 −運転シミュレータによる横風応答の検討−,自動車技術会論文集,Vol. 34, No.1, January 2003. p.p.157-162

    国際会議
    [15] Hidehisa Yoshida, Masaya Yamada, Takayoshi Kamada, Masao Nagai : Driver Assistance System for Traffic Merging on Highway - Experimental Study Using Driving Simulator - 10TH World Congress on Intelligent and Transport Systems and Service (ITS) 4057_S, PS006, 16-20 November (2003) - Madrid, Spain

    [14] Masao Nagai, Hidehisa Yoshida, Takeshi Sueki : A New Tilting Control for Railway Vehicle Using Variable Link Mechanism The 18th IAVSD Symposium, #31P, 24-30 August, (2003) pp.337-339

    [13] Masao Nagai, Hidehisa Yoshida, Takeshi Sueki, Shunsuke Shiomi Study on Car Body Tilting System Using Variable Link Mechanism (2nd report, Perfect Tilting Condition and Tilting Control) International Symposium on Speed-up and Service Technology for Railway and Maglev Systems 2003 (STECH'03), Koganei-Tokyo, Japan, A-203, (2003), p.p.35-40

    [12] Hidehisa Yoshida, Takeshi Sueki, Shunsuke Shiomi, Masao Nagai : Study on Car Body Tilting System Using Variable Link Mechanism (1st report, Fundamental Characteristics of Pendulum Motion) International Symposium on Speed-up and Service Technology for Railway and Maglev Systems 2003 (STECH'03), Koganei-Tokyo, Japan, A-202, (2003), p.p.29-34

    [11] Panat Leelavansuk, Hidehisa Yoshida, Masao Nagai : Investigation of Attitude Control Assistance System for Lane-Keeping Situation 10th IFAC Symposium on Control in Transportation Systems (IFAC-CTS 2003), Tokyo, August.5-7, (2003)

    [10] Nuksit Noomwongs, Hidehisa Yoshida, Katsuhiro Kobayashi, Takashi Yokoi, Masao. Nagai, A New Technique to Analyze Vehicle Dynamics by Using Tire Hardware-In-the-Loop Simulator, IPC12-SAE, Bangkok, April.1-3, (2003)

    国内講演論文発表
    [42] 下里裕也, 斉藤創, 吉田秀久, 鎌田崇義, 永井正夫:ドライバのアクセルペダル操作に基づく新しいブレーキ支援システム,日本機械学会 第12回交通・物流部門大会(TRANSLOG2003)(川崎)論文集

    [41] 山田将也, 吉田秀久, 鎌田崇義, 永井正夫:高速道路合流部における運転支援システムに関する研究−ドライビングシミュレータによる実験的検討−,ITS-Japan 第2回ITSシンポジウム2003 (京都)論文集,2003-025,

    [40] 末木健之, 潮見俊輔, 吉田秀久,永井正夫:可変リンク機構による車体傾斜制御に関する研究(完全車体傾斜理論に基づくフィードバック制御),日本機械学会 運動と振動制御シンポジウム(東京中央大学記念講堂)講演論文集, No.03-08, 113, 2003.10.30-11.1, pp.57-60

    [39] 吉田秀久, 潮見俊輔, 末木健之, 永井正夫:リンク式車体傾斜車両の研究(第3報、完全車体傾斜条件と振動制御),日本機械学会 2003年度年次大会(徳島)講演論文集(V), No.03-1, 3027, 2003.8.5-8, pp.215 -216


  • -AY2002-
  • 論文
    [3] Hidehisa Yoshida, Masao Nagai : Tilting control of railway vehicle using electric actuators (Tilting control method using vehicle body information in real time), International Journal of Applied Electromagnetics and Mechanics, IO press, Netherlands, 13, (2001/2002) p.p.137-144

    国際会議
    [9] Nuksit Noomwongs, Hidehisa Yoshida, Masao Nagai, S. Kawamata, K. Kobayashi, T. Yokoi: Tire Hardware-In-the-Loop Simulator for evaluating Vehicle Dynamics, Sponsored by society of Automotive Engineers of Japan, Inc., Proceedings of the International Symposium on Advanced Vehicle control (AVEC2002), Hiroshima, Japan, (2002), p.p.445-450

    [8] Hidehisa YOSHIDA, Masashi IGARASHI and Masao NAGAI:A New Motion Cue Algorithm for Improving Longitudinal Sensation in Driving Simulator, MOVIC 2002 The Japan Society of Mechanical Engineers, Vol.1, Saitama,(2002), pp.587-592

    [7] Hidehisa Yoshida, Takeshi Sueki, Chihiro Kozuka and Masao Nagai: Analiysis of pendulum motion using a four-link mechanism, ACMD'02 The Japan Society of Mechanical Engineers, Fukushima, (2002), pp.345-349

    総説・解説
    [2] 永井正夫, 赤松幹之, 鈴木浩明, 鈴木桂輔, 吉田秀久:「P-SCD337 先端シミュレータ研究分科会」の活動紹介,日本機械学会2002年度年次大会講演論文集(VIII),(東大本郷), F-13-(4), No.02-1, 2002.9.25〜27,pp.181-185

    国内講演論文発表
    [38] Panat Leelavansuk,吉田秀久,永井正夫:車線追従支援制御系とドライバーとの協調制御性能,ITS Japan, Proceedings of ITS Japan シンポジウム2002, (東京一橋記念講堂), 2002.12.14〜16, pp.571-576

    [37] 下里裕也, 田川泰敬, 吉田秀久, 永井正夫:ドライビング・シミュレータの傾斜角補償による加速度模擬性能向上に関する研究,日本機械学会第11回交通・物流部門大会(TRANSLOG2002)(川崎)論文集 No.02-50 1106, 2002.12.11〜13, pp.83-86

    [36] 末木健之, 潮見俊輔, 吉田秀久, 永井正夫:リンク式車体傾斜車両の研究(第2報、左右加速度と輪重変動の同時低減化),日本機械学会 第11回交通・物流部門大会(TRANSLOG2002)(川崎)論文集 No.02-50 2309, 2002.12.11〜13, pp.215-218

    [35] Nuksit N oomwongs, Hidehisa Yoshida, M. Nagai:Analysis of Vehicle Handling and Stability Influenced by Tire and Suspension Characteristics (Part 1: Theorectical Analysis),日本機械学会2002年度年次大会講演論文集(VII),(東大本郷), 2101, No.02-1, 2002.9.25〜27, pp.157-158

    [34] 末木健之, 吉田秀久, 永井正夫:リンク式車体傾斜車両の研究(第1報、自然振子特性の解析),日本機械学会主催:Dynamics & Design Conference 2002講演論文アブストラクト集(金沢), No,02-9, 403, 2002.9.17〜20

    [33] 吉田秀久,Panat Leelavansuk,毛利宏,永井正夫:操舵トルク支援制御系と人間との操舵協調性(第2報):−曲線走行を含む検討−, 自動車技術会,2002年度春季大会(横浜)学術講演会前刷集,No.5-02, 24,(2002)

    [32] Nuksit Noomwongs, Hidehisa Yoshida, M. Nagai:タイヤとサスペンション特性を考慮した操縦性安定性の解析,自動車技術会関東支部学術講演会(農工大)前刷集, 2002.3.9

    [31] 山田将也,吉田秀久,永井正夫:高速道路合流部における運転特性の解析−本線走行車の解析−,自動車技術会関東支部学術講演会(農工大)前刷集, B8, 2002.3.9, pp.43-44

  • -AY2001-
  • 国際会議
    [6] Nagai, Masao, Yoshida, Hidehisa, Shitamitsu, Kiyotaka, Mouri, Hiroshi, Study on Driver and Vehicle System with Lane-Tracking Control System Using Steering Torque Input, Proceedings of the 2001 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition (IMECE), New York, (2001.11)

    [5] Hidehisa YOSHIDA and Masao NAGAI, Tilting control of railway vehicle using electric actuators (Tilting control method using vehicle body information in real time), The Japan Society of Applied Electromagnetics and Mechanics The 10th International Symposium on Applied Electromagnetics and Mechanics, TA-2-7, Tokyo Japan, (2001.5.15), pp.71-72

    国内講演論文発表
    [30] 吉田秀久,五十嵐政,永井正夫:ドライビングシミュレータのための運転感覚模擬モーションコントロールの開発,日本機械学会,第44回自動制御連合講演会,623,No.01-253,慶応日吉,2001.11.22〜23,pp.560-564

    [29] 永井正夫,下光喜代崇,吉田秀久,毛利宏:操舵トルク支援制御系と人間との操舵協調性, 自動車技術会,2001年度秋季大会(札幌)学術講演会前刷集,No.82-01, 49,(2001), pp.9-12

    [28] 吉田秀久,五十嵐政,永井正夫:ドライビングシミュレータを用いた運動感覚模擬アルゴリズムの検討, 自動車技術会,2001年度秋季大会(札幌)学術講演会前刷集,No.82-01, 48, (2001), pp.5-8

    [27] 吉田秀久,五十嵐政,鎌田崇義,田川泰敬,永井正夫 : ドライビングシミュレータの運転感覚模擬アルゴリズム(加加速度による検討),日本機械学会2001年度年次大会講演論文集(IV),(福井市), F-1413, No.01-1, 2001.8.27〜30, pp.307-308

    [26] 前橋心一,鎌田崇義,吉田秀久,永井正夫:地震時の車両の走行安定性に関する研究,日本機械学会主催:Dynamics & Design Conference 2001講演論文アブストラクト集(東京), No,01-5, 718, 2001.8.6〜9, p.229

    [25] Nuksit Noomwongs, Hidehisa Yoshida, M. Nagai and S. Kawamata,: A New Approach to Study on Handling and Stability by considering Compliance Effects in Suspension System,日本機械学会2001年度年次大会講演論文集(IV),F-1411, 2001.8.27〜30(福井市), pp.303-304

    [24] Nuksit Noomwongs, Hidehisa Yoshida, M. Nagai and S. Kawamata,: Development of Hardware-in-the-Loop Simulator for Analyzing Vehicle Handling and Stability,日本機械学会主催:Dynamics & Design Conference 2001講演論文アブストラクト集(東京), No,01-5, 718, 2001.8.6〜9, p.228

    [23] 吉田秀久,永井正夫:電気式アクチュエータによる鉄道車両の車体傾斜制御に関する基礎的研究(第2報,車体情報・曲線情報を用いた傾斜制御法),日本機械学会主催:第7回「運動と振動の制御」シンポジウム講演会(豊中市)論文集, No,01-6, 118, 2001.4.25〜27, pp.95-98

    [22] 金子一彦,吉田秀久,鎌田崇義,永井正夫:都市環境シミュレータによる高速道路内の交通流の制御の検討,日本機械学会関東支部第7回総会(小金井市)講演会論文集,313, 2001.3.16〜17, pp.97-98

    [21] 大島紀明,小竹元基,吉田秀久,永井正夫:電気モータを用いた自動車の制駆動力制御,日本機械学会関東支部第7回総会(小金井市)講演会論文集,329, 2001.3.16〜17, pp.329-330


  • -AY2000-
  • 論文
    [2] 吉田秀久,山本尚幸,永井正夫:電気式アクチュエータによる鉄道車両の車体傾斜制御に関する基礎的研究(第1報,ステッピングモータを用いたフィードフォワード制御系と模型の検討), 日本機械学会論文集(C編), 66巻645号(2000-5), pp.1629-1635

    総説・解説
    [1] Hidehisa Yoshida and Masao NAGAI : Design and Evaluation of New Tilting Control Systems fpr Railway Vehicles, IEEE VII International Conference on Electrics, Electrical and Systems Engineering,(Lima,Peru) 2000.8.15-18 pp.26-31

    国内講演論文発表
    [20] 吉田秀久,末木健之,鎌田崇義,永井正夫:車体傾斜車両の傾斜制御と振動制御の統合化に関する研究(サスペンション幾何学による車体傾斜機構の解析),日本機械学会主催:第9回交通・物流部門大会(TRANSLOG2000)(川崎)論文集 No.00-50 3203, 2000.12.13〜15, pp.189-190

    [19] 永井正夫,鎌田崇義,吉田秀久,五十嵐政:研究用ドライビングシミュレータの開発(第2報 振動特性),日本機械学会主催:第9回交通・物流部門大会(TRANSLOG2000)(川崎)論文集 No.00-50 3213, 2000.12.13〜15, pp.221-222

    [18] 吉田秀久,永井正夫:ステッピングモータによる鉄道車両の車体傾斜法,電気学会主催:第12回「電磁力関連のダイナミックス」シンポジウム(沖縄)論文集, 2000.6.29〜7.1, pp.613-616


  • -AY1999-
  • Vibration Control and Tilting Control of Railway Vehicle to Improve Ride Comfort
    学位論文[博士(工学)]
    [1] 吉田秀久:鉄道車両の乗り心地向上のための振動制御と傾斜制御に関する研究, 東京農工大学博士論文,(2000.3)

    国際会議
    [4] Study on Vibration and Tilting Control of Railway Vehicles during Curved Sections :Hidehisa YOSHIDA, Yuqing WANG, Takayoshi KAMADA and Masao NAGAI, ASIA-PACIFIC VIBRATION CONFERENCE '99, Volume1of2, Singapore, (1999), pp.957-962

    国内講演論文発表
    [17]石村朋久,吉田秀久,鎌田崇義,永井正夫:車体傾斜車両の動揺制御に関する研究(第4報,左右軌道不整に対する効果),日本機械学会主催:第8回交通・物流部門大会(TRANSLOG'99)(川崎)論文集 No.99-59 3113, pp.235-236

    [16]吉田秀久,王玉清,鎌田崇義,永井正夫:曲線通過における車体傾斜車両の動揺と振動の制御,日本AEM学会主催:第11回「電磁力関連のダイナミックス」シンポジウム(横浜)論文集 2B10, 1999.10.13〜15, pp.333-336

    [15]山本尚幸,浅野陽一,吉田秀久,鎌田崇義,永井正夫:車体傾斜車両の動揺制御に関する研究(第3報,ステッピングモータによる傾斜制御の検討),日本機械学会主催:D&D'99シンポジウム機械力学・計測制御講演会(千葉)論文集 No.99-7 105 pp.A109-112


  • -AY1998-
  • 論文
    [1] 吉田秀久,永井正夫 : ERダンパによる車両支持系のスカイフックモデル追従制御,日本機械学会論文集(C編),64巻625号(1998-9),pp.3420-3426

    国際会議
    [3] Sky-hook model following control of a semi-active suspention using a continuosly modulated damper : Hidehisa.Yoshida, Yoshiaki. Kuzuu, Robert.J. Bickel and Masao.Nagai, Proceedings of the 4th International Symposium on Advanced Vehicle Control(AVEC98), Society of Automotive Engineers of Japan, Nagoya, September.14-18,1998

    国内講演論文発表
    [14] 吉田秀久,山本尚幸,浅野陽一,鎌田崇義,永井正夫:車体傾斜車両の動揺制御に関する研究(第2報,曲線部走行時の傾斜制御方式の検討),日本機械学会主催:交通・物流部門大会(TRANSLOG'98)(川崎)論文集 No.98-37 3121 pp.360-364

    [13] 山本尚幸,吉田秀久,鎌田崇義,永井正夫:車体傾斜車両の動揺制御に関する研究(第1報,超過遠心加速度シミュレータの開発),日本機械学会主催:交通・物流部門大会(TRANSLOG'98)(川崎)論文集 No.98-37 3120 pp.357-360

    [12] 吉田秀久,永井正夫:車体傾斜車両の動揺振動制御シミュレーション,電気学会主催:鉄道連合シンポジウム(J-RAIL'98)(東京都中野区)論文集 139, pp.477-480, (1998.11.25-27)

    [11] 吉田秀久,葛生克明,永井正夫:アクティブダンパによるスカイフック振動制御, 日本機械学会主催:D&D'98シンポジウム機械力学・計測制御講演会(北海道)論文集 No,98-8(IV) 410 pp.567-570, (1998.8.17〜20)

    [10] 吉田秀久,山本尚幸,永井正夫:車体傾斜車両のERダンパによる動揺振動制御,日本機械学会主催:交通・物流部門大会講演会(東京)論文集 No,97-12 3232 pp.422-423, (1998.3.31〜4.3)

    [9] 永井正夫,科野良蔵,山本尚幸,吉田秀久:H∞制御理論を適用した制御形ダンパによる鉄道車両の振動制御,日本機械学会主催:第75期通常総会(東京)論文集 No,98-1(IV) 3230 pp.418-419,(1998.3.31〜4.3)


  • -AY1997-
  • 国際会議
    [2] Semi-Active Control of Vehicle Vibration Using an Electro-Rheological Fluid Damper : Hidehisa Yoshida, ,Robert Bickel,Minoru ONDA and Masao NAGAI,The Second International Conference on ASIA CONTROL (ASCC) PROCEEDINGS Volume 1of3 WE-7 p.p.641-644, July.1-6,1997 Swiss Grand Hotel Seoul,Korea

    国内講演論文発表
    [8] 吉田秀久,音田稔,永井正夫:ERダンパのスカイフック追従制御(第2報,厳密線形化による誤差最適制御),日本機械学会主催:交通・物流部門大会講演会(東京)論文集 No,97-12 3202 pp.43-46 (1997.7.28〜30)

    [7] 依田圭司,吉田秀久,音田稔,永井正夫:ERダンパのスカイフック追従制御(第1報,厳密線形化による最適制御とPI制御),日本機械学会主催:D&D'97シンポジウム機械力学・計測制御講演会(東京)論文集, No,97-10, 427, pp.95-98, (1997.7.22〜26)

    [6] 吉田秀久,依田圭司,音田稔,永井正夫:ERダンパを用いた車両のスカイフック追従制御,電気学会主催:第9回「電磁力関連のダイナミックス」シンポジウム(札幌)論文集, C14, pp.497-502, (1997.6.24〜26)

    [5] 吉田秀久,川眞田智,音田稔,永井正夫:ERダンパを用いたスカイフック追従制御,日本機械学会主催:ロボティクス・メカトロニクス講演会'97(厚木)論文集, No,97-22, 7A4-205, pp.189-190, (1997.6.7〜8)


  • -AY1996-
  • 国際会議
    [1] Masao NAGAI, Minoru ONDA, Tomohiro HASEGAWA and Hidehisa YOSHIDA,:SEMI-ACTIVE CONTROL OF VEHICLE VIBRATION USING CONTINUOUSLY VARIABLE DAMPER, The Third International Conference on MOTION AND VIBRATION CONTROL (MOVIC), organized by The Dynamics, Measurement and Control Division of The Japan Society of Mechanical Engineers, PROCEEDINGS Volume 3,pp.153-158, Makuhari Messe Chiba,Japan, September.1-6,1996

    国内講演論文発表
    [4] 吉田秀久,永井正夫,音田稔,川眞田智:ERダンパを用いた車両のセミアクティブ振動制御,日本機械学会主催:第8回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(東京北区王子)論文集 No,96-252 C2 pp.349-352 (1996.5.29〜31)

    [3] 永井正夫,吉田秀久,音田稔,川眞田智:ER流体型ダンパによる車両の振動制御,日本機械学会主催:第73期通常総会(習志野)論文集 No,96-1(IV) 3116 pp.420-421 (1996.4.2〜4)


  • -AY1995-
  • 国内講演論文発表
    [2] 永井正夫,吉田秀久,中代重幸:誘導反発形磁気方式による2自由度浮上体の振動と制御,日本機械学会主催:第4回「運動と振動の制御」シンポジウム(川崎)論文集 101 pp.13-16 (1995.7.10〜12)

    [1] 永井正夫,中代重幸,吉田秀久:誘導反発形磁気浮上台車の姿勢制御,電気学会主催:第7回「電磁力関連のダイナミックス」シンポジウム(長崎)論文集 190 pp.483-488 (1995.5.29〜31)


    All Rights Reserved Copyright (C) 1995- Hidehisa Yoshida