トップページ


学科

研究科


特徴

何を学ぶ?
どう学ぶ?

何が身につく?

主な専門科目

シラバス


防衛大学校

校内向け学科ページ

応用物理学科の主な専門科目とその概要
  1. 応用数学I  応用物理学科学生として必要な数学の基礎的素養を身につけます。
  2. 熱力学  熱力学の基本原理を理解させ、その応用についての知識を学びます。
  3. 力学  体系化された古典力学、すなわち解析力学を学びます。
  4. 応用情報処理I  コンピュータのより応用的な使い方を履修させ、プログラミングの基礎を身につけます。
  5. 計測学  物理量、現象及び状態を把握し評価するために必要な計測と実験について理解し、その方法とデータの取扱いを学びます。
  6. 電磁気学  電磁気学の相対論的解釈について理解します。
  7. 回路論  電気回路に関する計算法や諸定理を理解させ、電気・機械振動や波動の解析への応用の基礎的事項を理解します。
  8. 統計力学  平衡状態の統計力学に関する基礎的知識を学びます。
  9. 連続体力学I  縮まない気体の基礎を学び、航空機・送風機・船舶・水管等の流れ現象を理解し、巨視的な連続体力学の主要な法則、解析法を学びます。
  10. 量子力学  現代の科学技術の基礎である量子力学を学びます。まず、量子力学の基礎的な考え方に馴染むために、簡単な1次元系の量子力学を詳しく教え、量子力学の枠組と現実の量子現象を説明します。
  11. 応用物理学ゼミ  応用物理学の分野に関連する文献を読み、要約して報告し、さらに討論できる能力を身につけます。また、研究の進め方や卒業論文の作成方法と研究発表の技術を学びます。
  12. 応用物理学演習I,II,III  応用物理学の各分野を演習することにより、応用物理学科専門科目の理解を深めます。
  13. 応用物理学実験I,II  応用物理学に関する基礎的及び応用的実験を実施し、講義内容の理解を深めるとともに、基本的測定技術を身につけます。
  14. 卒業研究  応用物理学の中で、自由にテーマを選び、教員と1対1で研究を進め、テーマの選び方から問題点の捉え方、問題の解決法、データの収集法、論文の書き方、発表の仕方などをみにつけ、総合的に4年間の防大教育の実をあげます。