海上運用学講座

海上運用学研究室は、艦艇をはじめとした洋上・水中航走体を対象として、それらの誘導・制御に関する研究を行っています。方法論の妥当性は数値計算、模型試験および実船試験を通して検証します。現在行われている大きな研究のキーワードは「衝突防止」「転覆防止」「衝撃の予測」「舵減揺型オートパイロット」などです。

寺田 大介

教授:寺田 大介

本科科目:海上安全運用学、ものづくりと機械要素設計、機械製図、理工学入門

研究科科目:船舶流体工学Ⅱ

研究分野:航海学、船舶海洋工学、漁船工学

キーワード:船の操縦性・復原性、船の運動の予測、船の自動運航

E-mail:dterada@nda.ac.jp

HP:

川原 秀夫

教授:川原 秀夫

本科科目:

研究科科目:

研究分野:熱物質輸送,燃焼工学,伝熱工学,乾燥,エネルギープラント管理

キーワード:大型コンテナ船,ドライ(リーファ)コンテナ,省エネルギー,海洋ゴミ,サーマルリサイクル

E-mail:kawahara@nda.ac.jp

HP: