本文へスキップ

〒239-8686 神奈川県横須賀市走水1-10-20
防衛大学校 応用化学科 応用物理化学研究室

教授 吉村幸浩

居室:理工学1号館2階224B号室
実験室:223号室
内線:3583
E-mail:muki(後に@nda.ac.jpをつけて送信してください)

学位及び略歴

学位
 「高圧下におけるテトラアルキルアンモニウム塩水溶液の粘性率に関する研究」 (博士(工学)) 1996年3月)

略歴
 1992年10月  防衛大学校 助手
 2001年 4月   防衛大学校 講師
 2002年 8月   Carnegie Institution of Washington (USA) 客員研究員
 2004年 4月   防衛大学校 助教授 (2007年4月:准教授に称号変更)
 2012年10月  防衛大学校 教授
 2016年 4月   防衛大学校 応用化学科長

講義について

卒業研究について

学協会委員及び学内委員等

所属学会:
日本化学会、日本材料学会、日本高圧力学会、低温生物工学会、溶液化学研究会、日本希土類学会、アメリカ化学会

学協会委員:
・日本化学会 国際オリンピックWG委員(H18)
・日本材料学会 極限環境部門委員会 幹事(H15.11~)
・日本材料学会 極限環境部門委員会 庶務幹事(H27~)
・日本材料学会 極限環境部門委員会 編集担当(H20)
・日本材料学会 極限環境部門委員会 査読委員(H20.5~)
・日本材料学会 第19回極限環境部門委員会講演会及び幹事会開催(H23.1.21)
・日本高圧力学会 評議委員(H19.9~H21.9、H23.9~H25.9)
・日本高圧力学会 渉外担当幹事 (H.19.9~H.21.9)
・日本高圧力学会 会計幹事 (H.23.9~H.25.9)
・低温生物工学会 理事 (H22~H23)
・低温生物工学会 編集委員 (H22~H23)
・低温生物工学会 総務担当理事 副編集委員長 (H25~H26)
・低温生物工学会 総務担当理事 編集委員長 (H27〜H28)
・低温生物工学会 総務担当理事 企画 (H29~)
・第35回溶液化学シンポジウム実行委員
・第55回高圧討論会シンポジウム「デザイナー流体の高圧力科学」世話人
・Pre-symposium of Joint Conference of JMLG/EMLG Meeting 2007 and30th Symposium on Solution Chemistry of Japan 実行委員
・33rd International Conference on Solution Chemistry, Local Organizing Committee (H25)

学内委員
・共同利用(高感度化学分析装置室)室長 (H16~H25)
・軽音学部顧問 (H16~)
・FD委員会委員(H19)
・1学年FA教官(H12、H16~18、H22)
・図書委員会委員(H20~H21)
・校友会参事(H25~)
・大隊メンター (H25~H26)
・理工学研究科前期課程運営部会委員(H25~H26)
・2学年教育補導顧問(H27)
・教養教育センター・基礎教育部門員
・課外講演講師招聘
  ・H17:立命館大学   谷口吉弘 教授
  ・H19:産業総合研究所 脇坂明彦 主任研究員
  ・H22:岡山大学    奥地拓生 准教授
  ・H26:青山学院大学  阿部文快 准教授 
・学術交流のための研究会開催(H24)

受賞歴

【個人】
H17.3.13:(財)防衛大学校・教育振興会 山崎奨励賞(研究) 受賞
      「極限環境下における電解質水溶液のラマン分光学的研究」
・H22.3.12:(財)防衛大学校・教育振興会 山崎賞受賞
      「複合極限環境下における凝縮系の構造及び物性に関する研究」

【共同研究、指導学生等】
・H21.7.29:Student Poster Award for International Conference on High Pressure Science and Technology (Joinst AIRAPT22&-HPCJ50,Tokyo, Japan)
 "Effect of Pressure Preservation of Astrocytes"
・H22.7.29:Best Poster Award at the 48th European High Pressure Research Group International Conference (48EHPRG,Uppsala, Sweden)
 "Pressure-induced Phase Transtion of 1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate [bmim][PF6]"
・H22.12.18:The Pacifichem 2010, Symposium 239 Poster Award at the 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010, Hawai, USA) (Y. Imai)
  "High Pressure Raman Study of N,N-Diethyl-N-methyl-(2-methoxyethyl) Ammonium TetrafluoroborateーH2O Mixtures"
・H24.11.2:The 7th Intenational Conference on High Pressure Bioscience and Biotechlonology (Otsu, Japan), Poster Presentation Award (M. Shigemi)
  "Possibility of Protein Preserving Solvent under High Pressure"
・H24. 11.8:第53回高圧討論会 ポスター賞 (大阪) (重見眞千子)
 "アニオンの違いによる1-Butyl-3-methylimidazolium系イオン液体の高圧相転移挙動"
・H24.12.8:第3回イオン液体討論会優秀ポスター賞 (沖縄) (重見眞千子)
 "ラマン分光法によるイミダゾリウム系イオン液体の圧力誘起相転移挙動"
・H25.6.23:第58回低温生物工学会 ベストプレゼンテーション賞 (大阪) (重見眞千子)
  "イオン液体ー水混合溶液中のLysoyzmeの立体構造と活性に関する研究〜タンパク質の低温保存溶媒としての利用に向けて〜
・H25.11.20:第4回イオン液体討論会優秀ポスター賞 (横浜) 
 "ダイマー型DEME系イオン液体の合成とその熱物性"
・H26.11.20: 第55回高圧討論会 ポスター賞 (徳島) (山口恵里佳)
 "イミダゾリウム系イオン液体のコンフォメーション平衡に及ぼす圧力効果"
・H27.10.27:第6回イオン液体討論会優秀ポスター賞 (京都) (山口恵里佳) 
 "イオン液体を用いたInsulin Amyloid凝集の抑制効果"
・H27.11.11:第56回高圧討論会 ポスター賞 (広島)
 "イミダゾリウム系イオン液体[C10mim][BF4]の圧力誘起液晶相の発見"
・H29.9.13:Poster Presentation Award at European Moleuclar Liquids Group Meeting (EMLG2017, Vienna, Austria)
  "Dynamic and Thermodynamic Properties of Confined Water in Water Pocket Formed in Ionic Liquids
 

その他

・H20〜H21:
   創価大学 工学研究科 特別集中講義 「環境と水の科学」
・H22:
    立命館大学機能材料科学セミナー(兼R-GIROプロジェクト「ナノスケールで組織構造を精密制御できる有機・無機ハイブリッドナノ微粒子の創製」)
     「イオン液体を利用した水の水素結合の制御:細胞の凍結保存の予備的研究」
・H22.7, H23.9〜10, H24.11, H25.9〜10:
   創価大学 工学部 特別講義
     「イオン液体を用いたグリーンサステイナブルケミストリー」
     「デザイナー流体の科学」(H27.1, H28.11)
・H23:
   防衛大学校 開放講座 「横須賀市市民大学講座」講師;
   主催「横須賀市生涯学習財団」まなびかん「環境と水の科学」
・H26:
   丸亀市 市民を対象とした「丸亀市民学級 特別教養講座」
   「不思議な水の科学」    

CIW留学記

2002年8月〜2003年9月までアメリカ合衆国ワシントンDCにあるCarnegie Institution of Washington(CIW)へ研究留学した時の留学記です(CIW留学記)。

ナビゲーション

shop info店舗情報

防衛大学校 応用化学科 応用物理化学研究室

〒239-8686
神奈川県横須賀市走水1-10-20
TEL.046-841-3810
FAX.046-844-5901