平成28年度試合結果

  
第66回横須賀地区段別柔道選手権大会
  
第71回神奈川県学生柔道秋季大会
  
平成28年度第10回防衛大学校柔道部選手権
  
平成28年度関東学生柔道体重別選手権大会
  
平成28年度講道館春季紅白試合
  
平成28年度神奈川県学生柔道ジュニア体重別選手権大会
  
平成28年度関東学生柔道優勝大会
  
第71回神奈川県学生柔道春季大会




第72回神奈川県学生柔道秋季大会
平成29年10月8日
於:神奈川県立武道館

【団体戦】
男子
○1回戦
 防衛大       ⑥   ―   1 神奈川大学
先鋒:中村 啓介(3) ○ 内 股    △  松原 孝輝(2)
次鋒:黒山 聖矢(3) ○ 優 勢    △  勝亦叶一郎(1)
五将:黒山未来哉(1) ○ 払い腰    △  朝永 颯人(1)
中堅:小原  翔(1) ○ 横四方固   △  大見 航雅(2)
三将:坂井 知士(2) × 引き分け   ×  藤川  翼(3)
副将:津田 拳汰(2) ○ 払い腰    △  前田 大輝(1)
大将:山田 敦也(3) ○ 一本背負   △  石田雄一朗(3)

○2回戦
 防衛大       0   ―   ⑦ 國學院大学
先鋒:津田 拳汰(2) △ 優 勢    ○  赤岩 和輝(3)
次鋒:北川 裕盛(1) △ 大外刈    ○  黒松 大盛(1)
五将:中村 啓介(3) △ 大内刈    ○  岡崎 良樹(2)
中堅:黒山未来哉(1) △ 袈裟固    ○  吉川 拓海(2)
三将:小原  翔(1) △ 反則負    ○  酒井 拓磨(2)
副将:山田平八郎(3) △ 払い腰    ○  安達 洋助(2)
大将:黒山 聖矢(3) △ 袈裟固    ○  原 健太郎(3)

女子
○1回戦
 防衛大       0   ―   ③ 神奈川大学
先鋒:辻村日奈野(2) △ 払い腰    ○  三橋 千夏(3)
中堅:神木  茜(1) △ 反則負    ○  太田 怜那(3)
大将:         △ 不戦勝    ○  齋藤 優花(3)

【個人戦】
男子
○1回戦
山田 敦也(3) △ 襟 締  ○  駒沢 佑馬(1)(桐蔭横浜)

○2回戦
黒山未来哉(1) △ 巴 投  ○  左近 智輝(2)(國學院)
山田平八郎(3) △ 肩 固  ○  寺島 綾都(2)(國學院)
渡辺  亮(1) △ 内 股  ○  酒井 勇輝(3)(國學院)

女子
○1回戦
辻村日奈野(2) △ 横四方固 ○  太田 怜那(3)(日体大)
神木  茜(1) △ 反則負  ○  三橋 千夏(3)(日体大)

平成29年度関東学生柔道体重別選手権大会
平成29年8月26日27日
於:埼玉県立武道館

<60Kg級>
1回戦 宮崎陽可竜(4) △ 小内巻込み ○ 飯塚 稀平(埼玉)
    川本 翔海(2) △ 反則負   ○ 鳥居 輝平(上武)
    藤代航太郎(4) △ 大外刈   ○ 細谷  秀(関東学園)
<66Kg級>
1回戦 郡山竜太朗(4) ○ 背負投   △ 室山 健吾(桐蔭横浜)
    黒山 聖矢(3) △ 腕挫十字固 ○ 牧山 力也(桐蔭横浜)
    中村 啓祐(3)△ 優勢勝(指導)○ 田川 兼三(筑波)
2回戦  山田 敦也(3) ○ 不戦勝   △ 加藤 俊弥(関東学院)
    北村  陽(4) △ 反則負   ○ 小林  翔(埼玉)
    郡山竜太朗(4) △ 反則負   ○ 坂内 哲平(筑波):3位
3回戦 山田 敦也(3) △ 逆袈裟固  ○ 金谷  陸(平成国際)
<73Kg級>
1回戦 神鳥 剣都(4) ○ 払い腰   △ 柳沼  篤(白?)
    山田平八郎(3)○ 縦四方固  △ 斎藤 直道(独協)
    杉山 慎吾(4) ○ 優勢勝(指導)△ 杉本 拳右(山梨学院)
    程田 和光(4) △ 横四方固  ○ 堀田  力(桐蔭横浜)
2回戦 神鳥 剣都(4) △ 一本背負  ○ 友田 敬太(流通経済)
    山田平八郎(3) △ 大内刈   ○ 井桁  匠(国武)
    杉山 慎吾(4) △ 逆袈裟固  ○ 篠原 優汰(桐蔭横浜)
<81Kg級>
1回戦 小野 慎平(4) ○ 袖釣込腰  △ 長瀬 涼介(高崎経済)
    津田 拳汰(2) ○ 返し技   △ 吉原  紀(関東学園)
    高廣  徹(4) △ 横四方固  ○ セルチャンアキラ(上武)
    齋藤 和樹(3) △ 背負投   ○ 志賀  樹(山梨)
2回戦 小野 慎平(4) ○ 背負投   △ 黒澤 与輝(上武)
    津田 拳汰(2) △ 横四方固  ○ 吉村  豪(山梨)
3回戦 小野 慎平(4) △ 反則負   ○ 小原 弘輝(筑波):2位
敗者復活 
1回戦 小野 慎平(4)○ 優勢勝(技有)△ 八木 拓己(山梨学院)
2回戦 小野 慎平(4)○ 優勢勝(技有)△ 石本功太朗(流通経済)
決勝  小野 慎平(4) △ 反則負   ○ 吉村  豪(山梨)
<女子57Kg級>
1回戦 吉田テイラ(4) △ 横四方固  ○ 野口 夢弥(城西国際)

平成29年度全日本学生柔道優勝大会
平成29年5月24日
於:日本武道館

【団体戦】
○1回戦
 防衛大       0   ―   ④ 専修大学
先鋒:郡山 竜太朗 (4)△ 引き分け   △ 稲川 堯志 (3)
次鋒:小野 慎平 (4)△ 小外刈 ○ 松倉 海斗 (4)
五将:杉山 慎吾 (1)△ 引き分け  △ 新井 聡馬 (2)
中堅:津田 拳汰(4)△ 反則負け   〇 板橋 盤  (3)
三将:中村 啓佑 (4)△ 引き分け    △ 中里 幸樹 (1)
副将:本間 与之 (2)△ 優勢勝ち 〇 桑原 勇太 (1)
主将:北村 陽 (3)△ 横四方固   〇  成田 健高 (2)


平成29年度関東学生柔道優勝大会
平成29年5月21日
於:埼玉県立武道館

【団体戦】
○2回戦
 防衛大       ⑤   ―   2  群馬大学
先鋒:北村  陽 (4)△ 送り襟絞   ○  稲川 堯志 (3)
次鋒:小野 慎平 (4)△ 優勢勝(技有)○  松倉 海斗 (4)
五将:小原  翔 (1)○ 腕挫十字固  △  新井 聡馬 (2)
中堅:郡山 竜太朗(4)○ 送り襟絞   △  板橋 盤  (3)
三将:杉山 慎吾 (4)○ 体落し    △  中里 幸樹 (1)
副将:津田 拳汰 (2)○ 大外刈    △  桑原 勇太 (1)
主将:中村 啓佑 (3)○ 体落し    △  成田 健高 (2)

○3回戦
 防衛大       ⑦   ―   0  宇都宮大学
先鋒:中村 啓佑 (3)○ 内股すかし  △  西藤 功雄 (1)
次鋒:黒山 聖矢 (3)○ 優勢勝(技有)△  勝亦 叶一朗(1)
五将:高廣  徹 (4)○ 優勢勝(技有)△  朝永 颯斗 (1)
中堅:小原  翔 (1)○ 大外刈    △  藤川  翼 (3)
三将:杉山 慎吾 (4)○ 大外刈    △  松原 孝輝 (2)
副将:津田 拳汰 (2)○ 袖釣り込み腰 △  澤里 音次郎(2)
主将:本間 与之 (4)○ 腕絡み    △  大見 航雅 (2)

○準決勝
 防衛大       ④   ―   1  城西国際大学
先鋒:津田 拳汰 (2)△ 引き分け   △  比嘉 建斗 (4)
次鋒:杉山 慎吾 (4)○ 優勢勝(技有)△  土屋 皓仰 (3)
五将:小原  翔 (1)○ 大 腰    △  上田 泰成 (1)
中堅:小野 慎平 (4)○ 送り襟絞   △  中谷 昌雄 (2)
三将:中村 啓佑 (3)△ 引き分け   △  詫田 真輝 (1)
副将:郡山 竜太朗(4)○ 反則負け   △  高橋 光祐 (2)
主将:本間 与之 (4)△ 足払い    ○  三島 一輝 (3)

○決勝
 防衛大       0   ―   ④  上武大学
先鋒:小野 慎平 (4)△ 払い腰     ○ 北川 義樹 (3)
次鋒:郡山 竜太朗(4)△ 引き分け    △ 松本 康佑 (3)
五将:杉山 慎吾 (4)△ 足払い     ○ 三國谷 拓馬(3)
中堅:津田 拳汰 (2)△ 優勢勝(技有) ○ 佐藤 圭将 (3)
三将:本間 与之 (4)△ 引き分け    △ 黒澤 与輝 (3)
副将:中村 啓佑 (3)△ 優勢勝(技有2)○ 丸山  翼 (3)
主将:北村  陽 (4)△ 引き分け    △ 増子 正人 (3)
 
〈戦評〉 今大会は、全日本優勝大会出場を懸けた大会である。2回戦、3回戦は順調に勝ち進み、準決勝では去年敗戦した城西国際大学に4-1で勝利することが出来た。 この勝利もチーム一丸となって勝負に拘り、負けたくない気持ちがあったからこそ勝利出来たと思う。決勝戦でもその気持ちで臨んだが、上武大学に0-4で敗戦だった。 やはり、体の大きい相手にどのようにしたら組み勝てるのか、そして組み負けない為に どうしなければいけないのか考えてもらいたい。 6月24日、25日全日本優勝大会に向けてより一層気持ちを高めて大会に臨んでもらいたい。 最後に応援に来て下さいました部長を初め、多くの諸先輩方に感謝致します。 全日本優勝大会では、チーム一丸となって頑張って参ります。応援の程、宜しくお願い致します。                                                 監督 髙田恵一郎

第72回神奈川県学生柔道春季大会
平成29年5月7日
於:神奈川県立武道館

【団体戦】
○1回戦
 防衛大       ⑥   ―   2  群馬大学
先鋒:黒山 聖矢 (3) ○ 絞め技   △  清遠 雄一(4)
次鋒:中村 啓介 (3) ○ 内 股   △  松原 孝輝 (2)
五将:北川 裕盛 (1) △ 横四方固  ○  佐藤 高広 (3)
中堅:小原 翔  (1) ○ 腕挫十字固 △  高橋 巧人 (2)
三将:笠原 豪  (3) ○ 大外刈   △  澤里 音次郎(2)
副将:津田 拳汰 (2) ○ 内 股   △  藤川 翼  (3)
主将:杉山 慎吾 (4) ○ 大外刈   △  大見 航雅 (2)

○2回戦
 防衛大       ⑥   ―   1  神奈川大学
先鋒:黒山 聖矢 (3) ○ 絞め技   △  清遠 雄一(4)
次鋒:中村 啓介 (3) ○ 内 股   △  松原 孝輝 (2)
五将:北川 裕盛 (1) △ 横四方固  ○  佐藤 高広 (3)
中堅:小原 翔  (1) ○ 腕挫十字固 △  高橋 巧人 (2)
三将:笠原 豪  (3) ○ 大外刈   △  澤里 音次郎(2)
副将:津田 拳汰 (2) ○ 内 股   △  藤川 翼  (3)
主将:杉山 慎吾 (4) ○ 大外刈   △  大見 航雅 (2)

○決勝戦
 防衛大       1   ―   ⑤  桐蔭横浜大学
先鋒:中村 啓佑 (3) △ 優勢勝(技有)○  篠永 懸 (2)
次鋒:黒山 聖矢 (3) △ 横四方固   ○  大場 悠人(2)
五将:津田 拳汰 (2) △ 引き分け   △  堀田 力 (2)
中堅:山田 平八郎(3) △ 横四方固   ○  寺田 克己(2)
三将:小原 翔  (1) ○ 絞め技    △  沓形 宏太(2)
副将:笠原 豪  (3) △ 横四方固   ○  佐野 世純(2)
主将:山田 敦也 (3) △ 優勢勝(技有)○  佐藤 幸輔(2)

【個人戦】
<軽量級>
○1回戦
藤代 航太朗(4)○ 不戦勝    △ 井上 直哉(3)(関院)
岡村 知柔 (4)△ 優勢勝(技有)○ 加藤 雄哉(3)(神工)
○2回戦
藤代 航太朗(4)○ 不戦勝    △ 高橋 巧人(2)(神大)
<軽中量級>
○1回戦
青嵜 勇星 (4)○ 腕挫十字固  △ 広野 晃陽(3)(関院)
神鳥 剣都 (4)△ 優勢勝(技有)○ 長濱 丈也(4)(関院)
○2回戦
青嵜 勇星 (4)○ 優勢勝(技有)△ 小倉 慎司(3)(市大)
○3回戦
青嵜 勇星 (4)△ 腰 車    ○ 斉藤 拓洋(1)(桐蔭)
<中量級>
○1回戦
程田 和光(4) ○ 不戦勝    △  島崎  塁(3)(関院)
○2回戦
杉山 慎吾(4) ○ 大外刈    △  小中野 翼(3)(神工)
程田 和光(4) ○ 不戦勝    △  大島 潤哉(1)(国大)
○準決勝
杉山 慎吾(4) ○ 優勢勝(技有)△  樋口 大樹(1)(桐蔭)
程田 和光(4) △ 内 股    ○  矢野 大輝(1)(桐蔭)
○決勝
杉山 慎吾(4) △ 優勢勝(技有)○  矢野 大輝(1)(桐蔭)
<軽重量級>
○1回戦
高廣 徹 (4) ○ 内 股    △  奥田 嵩人(2)(関院)
斎藤 和樹(3) △ 支え釣込腰  ○  北澤 洋介(1)(桐蔭)
○準決勝
高廣 徹 (4) △ 縦四方固   ○  小原 健太(1)(桐蔭)

〈戦評〉  関東予選前の大事な大会である。準決勝までは順調に勝ち進み、 決勝戦で桐蔭横浜大学とどのような戦いが出来るか期待をしたが、1-5で敗戦してしまった。勝つ為に何が足りないのか良く考えてもらい、今後に期待したい。 個人戦に出場した選手も試合内容に満足出来ていない者が多くいたと思う。今後、しっかりと課題を持って稽古に励んでもらいたい。 最後に、応援に来て下さいました諸先輩方に感謝いたします。              監督 髙田 恵一郎

第66回横須賀地区段別柔道選手権大会
平成28年11月13日
於:横須賀市総合体育会館

【団体戦】
○1回戦
 防衛大       ⑤   ―   0  興武館B
先鋒:川岸 大祐(2) ○ 合せ技  △  根本 秀力
次鋒:大塚 志成(2) ○ 大外刈  △  岡崎 将亮
中堅:山田平八郎(2) ○ 肩 固  △  大見 航雅
副将:黒山 聖矢(2) ○ 巴 投  △  藤川  翼
大将:笠原  豪(2) ○ 袈裟固  △  佐藤 高広

○決勝
 防衛大       ③   ―   2  順道館長瀬道場
先鋒:川岸 大祐(2) ○ 送襟絞  △  岩崎 和雄
次鋒:大塚 志成(2) △ 内 股  ○  本橋 正規
中堅:山田平八郎(2) ○ 十字固  △  名取  良
副将:黒山 聖矢(2) ○ 背負投  △  杉野 泰佑
大将:笠原  豪(2) △優勢(技有)○  北村 直久


【個人戦】
〈初段の部〉
○1回戦
 黒山 聖矢(2) ○ 巴 投  △ 佐藤 智也(高等工科)
 山田平八郎(2) ○ 裏 投  △ 亀井 克明(高等工科)
 小原  翔(1) ○ 背負投  △ 下里 成巳(南下浦中)
 北川 裕盛(1) ○ 背負投  △ 西ノ園周平(高等工科)
○2回戦
 黒山 聖矢(2) ○ 袈裟固  △ 阿部  翔(湘南学院)
 山田平八郎(2) ○ 送襟絞  △ 本田 一真(高等工科)
 小原  翔(1) ○ 内 股  △ 石田雄一郎(興武館)
 北川 裕盛(1) ○ 合せ技  △ 岡本 隼孟(高等工科)
○3回戦
 黒山 聖矢(2) ○ 横四方固 △ 澤里音次郎(興武館)
 山田平八郎(2) ○ 送襟絞  △ 大見 航雅(興武館)
 小原  翔(1) ○ 十字固  △ 中川 裕輝(高等工科)
 北川 裕盛(1) △優勢(有効)○ 矢萩 弘樹(湘南学院)
○準決勝
 黒山 聖矢(2) ○ 小内刈  △ 矢萩 弘樹(湘南学院)
 小原  翔(1) ○ 内 股  △ 山田平八郎(2)
○決 勝
 小原  翔(1) ○ 内 股  △ 黒山 聖矢(2)

〈弐段の部〉
○1回戦
 津田 拳汰(1) ○ 小外刈  △  松原 考輝(興武館)
○2回戦
 笠原  豪(2) ○ 大内刈  △  高橋 巧人(興武館)
 中村 啓祐(2) ○ 不戦勝
 山田 敦也(2) △優勢(指2)○  藤川  翼(興武館)
 津田 拳汰(1) ○ 隅 返  △  佐藤 高広(興武館)
○準決勝
 中村 啓祐(2) ○反則負(指4)△  藤川  翼(興武館)
 津田 拳汰(1) ○ 上四方固 △  笠原  豪(2)
○決勝
 中村 啓祐(2) ○優勢(判定)△  津田 拳汰(1)

〈戦評〉
 1、2年生に経験を積ませることを目的にした本大会。個人戦で入賞を逃した者の奮起を期待したい。団体戦は、昨年に続いて連覇した。大学から始めた者を含めてチーム一丸となって勝利を得る。来年もそうであってもらいたい。
柔道部 監督 中村 一成


第71回神奈川県学生柔道秋季大会
H28年10月9(日)
於:神奈川県立武道館

【団体戦】
第1回戦
防衛大学校       ⑤   ―    2  横浜国立大学
 先鋒:黒山 聖矢(2) △優勢勝(技有) ○  安居院崇人(4)
 次鋒:笠原  豪(2) △優勢勝(技有) ○  光楽 弘基(3)
 五将:中村 啓佑(2) ○内 股     △  中神 一総(2)
 中堅:本間 与之(3) ○横四方固    △  山舘 広和(2)
 三将:津田 拳汰(1) ○崩上四方固   △  藤村  哲(2)
 副将:山田 敦也(2) ○合せ技     △  辻本 健二(2)
 大将:高廣  徹(3) ○不戦勝     
第2回戦
防衛大学校       0   ―    ⑦   國學院大学    
 先鋒:高廣  徹(3) △合せ技     ○  吉川 拓海(1)
 次鋒:佐藤 大輔(3) △大内返     ○  山田 大輝(2)
 五将:小原  翔(1) △反則負け    ○  原 健太郎(2)
 中堅:津田 拳汰(1) △崩袈裟固    ○  松谷鯉太郎(3)
 三将:中村 啓祐(2) △大内刈     ○  岡崎 良樹(1)
 副将:本間 与之(3) △反則負け    ○  渋谷裕次郎(2)
 大将:北川 裕盛(1) △袈裟固     ○  加藤 翔弥(4)

【個人戦】
 第1回戦
高廣  徹(3) △合せ技  ○ 藤田 圭一(3)(東海)
笠原  豪(2) ○払 腰  △ 中神 一総(2)(横国)
山田 敦也(2) △合せ技  ○ 大柿 祐真(2)(東海)
津田 拳汰(1) △合せ技  ○ 長井 達也(1)(日体)
辻村 日奈野(1)△上四方固め○ 室家 弥央(2)(桐蔭)
 第2回戦
笠原  豪(2) △合せ技  ○ 岡田 友徳(2)(日体):2位

〈戦評〉
 主将ほかが代わって初めての公式戦。来年度を見越して、若手で挑んだ本大会。緒戦、国大戦では、先鋒、次鋒と続けて連敗。嫌な展開であったが、以降取り戻して勝利した。次は、國學院大戦。全日本学生、全日本ジュニア大会で入賞する選手を複数有する大学だけにその層は厚く、結果は0対7の完敗。しかしながら、佐藤学生を除いては自分の現在持っている力を全て発揮しての敗戦であり、相手との差を埋めるためにこの後何が必要か?を大いに感じられた戦いであったものと思う。
 個人戦でも、相手の一撃で敗戦する選手はおらず、善戦むなしく敗退したものと感じる。勝利の体験が少ないことがこの差の本かと思われる。普段の稽古で、一本を取る能力を高め、相手に勝つという意識を強く醸成してもらいたい。
柔道部 監督 中村 一成


平成28年度第10回防衛大学校柔道部選手権
H28年9月17(土)
於:防衛大学校 柔道場

男子有段の部
【1回戦】
 中村 啓佑 (2) ○ 内 股    △ 岡村 知柔 (3)
 丸山 哲永 (3) ○ 出足払    △ 芦立恒一郎 (1)
 郡山竜太朗 (3) ○ 背負投    △ 林  基嗣 (2)
 佐藤 大輔 (3) ○ 優勢勝(有効)△ 山田 敦也 (2)
 笠原  豪 (2) ○ 払 腰    △ 西森  奎 (1)
 吉村  恒 (3) ○ 優勢勝(有効)△ 辻田 直樹 (4)
 小原  翔 (1) ○ 不戦勝    △ 渡辺 武蔵 (3)
 山田平八郎 (2) ○ 合せ技    △ 小林 秀太 (3)
 本間 与之 (3) ○ 合せ技    △ 川本 翔海 (1)
 遠藤  燦 (4) ○ 優勢勝(有効)△ 神鳥 剣都 (3)
 杉山 慎吾 (3) ○ 小外刈    △ 齋藤 和樹 (2)
 北川 裕盛 (1) ○ 内 股    △ 大竹 寛幸 (2)
 黒山 聖矢 (2) ○ 巴 投    △ 小原新太郎 (3)
 程田 和光 (3) ○ 払 腰    △ 杉山 泰史 (2)
 高廣  徹 (3) ○ 大外刈    △ 島田 隼佑 (2)
 津田 拳汰 (1) ○ 袖釣込腰   △ 藤代航太朗 (3)

【2回戦】
 中村 啓佑 (2) ○ 内 股    △ 丸山 哲永 (3)
 郡山竜太朗 (3) ○ 横四方固   △ 佐藤 大輔 (3)
 笠原  豪 (2) ○ 大外刈    △ 吉村  恒 (3)
 小原  翔 (1) ○ 合せ技    △ 山田平八郎 (2)
 本間 与之 (3) ○ 合せ技    △ 遠藤  燦 (4)
 杉山 慎吾 (3) ○ 優勢勝(有効)△ 北川 裕盛 (1)
 黒山 聖矢 (2) ○ 背負投    △ 程田 和光 (3)
 津田 拳汰 (1) ○ 優勢勝(有効)△ 高廣  徹 (3)

【3回戦】
 郡山竜太朗 (3) ○ 優勢勝(指導)△ 中村 啓佑 (2)
 小原  翔 (1) ○ 袖釣込腰   △ 笠原  豪 (2)
 杉山 慎吾 (3) ○ 大外刈    △ 本間 与之 (3)
 津田 拳汰 (1) ○ 優勢勝(有効)△ 黒山 聖矢 (2)

【準決勝】
 小原  翔 (1) ○ 優勢勝(指導)△ 郡山竜太朗 (3)
 杉山 慎吾 (3) ○ 隅 落    △ 津田 拳汰 (1)

【決勝】
 杉山 慎吾 (3) ○ 優勢勝(指導)△ 小原  翔 (1)


男子無段の部
【1回戦】
 イッドバ  (2) ○ 大外刈    △ 鈴木  諒 (1)
 樋上 行基 (2) ○ 袈裟固    △ 若松 佑樹 (1)
 川岸 大祐 (2) ○ 内 股    △ 橋上  功 (1)
 加藤 将吾 (1) ○ 払 腰    △ 大塚 志成 (2)

【準決勝】
 イッドバ  (2) ○ 一本背負投  △ 樋上 行基 (2)
 加藤 将吾 (1) ○ 合せ技    △ 川岸 大祐 (2)

【決勝】
 イッドバ  (2) ○ 背負投    △ 加藤 将吾 (1)


女子の部
【準決勝】
 久永恵利花 (3) ○ 一本背負投  △ 藤野 未有 (1)
 辻村日奈野 (1) ○ 腕挫十字固  △ 吉田テイラ (3)

【決勝】
 辻村日奈野 (1) ○ 優勢勝(有効)△ 久永恵利花 (3)

〈戦評〉
 4年生が2名しか出場しない寂しい大会であったが、それだけ下級生の力が高いことを表わしているのかもしれない。郡山学生の3連覇に期待が寄せられてはいたが、いい意味で番狂わせがあったものと考える。レギュラーメンバーを目指すには、ベスト8の成績は必須であるが、到達した者はさらに上の者と競い、もう一歩だった者はどうやったら追いつき追い越せるのか?日々の練習を考えて行って頂きたい。連休の初日にも拘らず、観戦いただき、諸応援をしてくださったOBの先輩方にこの場を借りて御礼申し上げます。
柔道部 監督 中村 一成


平成28年度関東学生柔道体重別選手権大会
H28年8月27,28(土,日)
於:埼玉県立武道館
<60Kg級>
2回戦
林  基嗣(2)△優勢勝(技有)○ 森  全輝(平成国際)
黒山 聖矢(2)△反則負(指4)○ 菅原 大斗(国際武道):2位
藤代航太郎(3)○合せ技    △ 石野 知明(高崎経済)
3回戦
藤代航太郎(3)△背負投    ○ 西野  翔(桐蔭横浜):3位

<66Kg級>
2回戦
中村 啓祐(2)○内股     △ 澤里音次郎(神奈川)
郡山竜太朗(3)△優勢勝(有効)○ 窪田 啓人(国際武道)
佐藤 大輔(3)○大外刈    △ 井上 京亮(神奈川)
山田 敦也(2)○不戦勝    △ 及川  傑(平成国際)
吉村  恒(3)△袖釣込腰   ○ 三浦 侑也(関東学園)
3回戦
中村 啓祐(2)△合せ技    ○ 田川 兼三(筑波):優勝
佐藤 大輔(3)△腕挫十字固  ○ 長倉 力斗(山梨学院)
山田 敦也(2)△内股     ○ 鳥居 天翔(山梨学院)

<73Kg級>
1回戦
本間 与之(3)△優勢勝(有効)○ 石橋 亮治(筑波)
程田 和光(3)○縦四方固   △ 犾守  惇(関東学院)
山田平八郎(2)○不戦勝    △ 杉田 敏也(城西)
杉山 慎吾(3)○送襟絞    △ 稲川 尭志(群馬)
渡辺 武蔵(3)△内股     ○ 成田  陵(山梨学院)
2回戦
程田 和光(3)△背負投    ○ 五十嵐純平(筑波)
山田平八郎(2)○優勢勝(技有)△ 松原 孝輝(神奈川)
杉山 慎吾(3)○合せ技    △ 柴田 佳宣(埼玉)
3回戦
山田平八郎(2)△内股     ○ 秋元 聖矢(清和)
杉山 慎吾(3)○優勢勝(技有)△ 鶴木  巧(関東学園)
4回戦
杉山 慎吾(3)△優勢勝(指2)○ 大宮 勝伍(桐蔭横浜):3位

<81Kg級>
1回戦
遠藤  燦(4)△内股     ○ 佐藤 幸輔(桐蔭横浜)
笠原  豪(2)○体落     △ 西尾  宙(神奈川)
青嵜 勇星(3)△払腰     ○ 比嘉 健斗(城西国際)
2回戦
笠原  豪(2)△背負投    ○ 手塚  海(桐蔭横浜)
小野 慎平(3)○背負投    △ 阿部 凌一(関東学園)
3回戦
小野 慎平(3)△優勢勝(有効)○ 中礼 仁志(清和)

<90Kg級>
1回戦
高廣  徹(3)△大外刈    ○ 三國谷拓馬(上武)
齋藤 和樹(2)△内股     ○ 三戸 雄生(筑波):優勝

<女子57Kg級>
1回戦
久永恵利花(3)△背負投    ○ 向江野乃花(平成国際)
吉田テイラ(3)△横四方固   ○ 高沢 眞冴(淑徳)

<女子78Kg級>
1回戦
菅井 琴音(4)△袈裟固    ○ 山中 満紀(山梨学院):3位

〈戦評〉
 申し込み締切日の関係で、今回、校内予選を行うことなく代表を決めることになった。戦いの場に臨むことができなかった者には、残念な思いをさせたことと感じている。
 試合結果は、多くの一本負けを喫し、一部校、二部上位校の相手にどうすれば近づくことができるのか?沢山の課題を与えられるものであった。活躍を期待されている62期の学生も残すところ1年となった。自分自身の成績を高めるためにどう活動するか、さらに後輩を鍛えるために何を工夫すれば良いかをしっかり考えていただき、残された時間を有意義に過ごされることを期待したい。
柔道部 監督 中村 一成


平成28年度講道館春季紅白試合
H28年6月5日(日)
於:講道館
第1試合場
 藤代航太郎(3) △  合せ技     ○ 関本 侑将(修徳高)
 岡村 知柔(3) ×  引き分け    × 浅尾晋太郎(都市大)
 杉山 泰史(2) △  双手刈     ○ 梅澤 真仁(東海大)
 笠原  豪(2) △  大外刈     ○ 前田 宗哉(東海大)
 小野 慎平(3) ○  優勢勝(技有)  △ 伽羅谷 匠(法政大)
 小野 慎平(3) △  優勢勝(技有)  ○ 田知本 奨(東海大)
 林  基嗣(2) △  合せ技     ○ 伊藤 智信(専修大)

第2試合場
 川本 翔海(1) △  優勢勝(技有)  ○ 野口 湧史(修徳高)
 濱田  眞(4) △  裏投      ○ 山本 龍一(修徳高)
 神鳥 剣都(3) △  払腰      ○ 山本 龍一(修徳高)
 本間 与之(3) △  合せ技     ○ 並木 泰雅(明治大)
 山田 敦也(2) △  腕挫腕固    ○ 岡本 進一(本館)
 程田 和光(3) △  払腰      ○ 宮本 翔平(専修大)
 遠藤  燦(4) ×  引き分け    × 加藤  聡(東海大)

第3試合場
 大竹 寛幸(2) △  背負投     ○ ダムディン・ドルジ(本館)
 黒山 聖矢(2) △  小外刈     ○ ダムディン・ドルジ(本館)
 渡辺 武蔵(3) △  内股      ○ 若杉 文太(拓殖大)
 佐藤 大輔(3) △  優勢勝(有効)  ○ 高木 翔多(東海大)
 斎藤 和樹(2) △  優勢勝(技有)  ○ 渡辺 陵太(大東大)
 中村 啓佑(2) △  内股      ○ 向井 俊輔(東海大)

第4試合場
 小原  翔(1) ○  大内刈     △ 福留 尚之(日大生産)
 小原  翔(1) ×  引き分け    × 小野 秀喜(修徳高)
 山田平八郎(2) ×  引き分け    ×スチュアート・ミッチェル(オークランド大)
 小原新太郎(3) △  内股      ○ 吉田 優平(東海大)
 北川 裕盛(1) △  崩上四方固   ○ 吉田 優平(東海大)
 吉村  恒(3) △  払腰      ○ 吉田 優平(東海大)
 高廣  徹(3) △  掬投      ○ 村上 敦哉(法政大)

〈戦評〉
 多くの者が東京の学生と対戦した。組み手を始め、相手との違いを直接体感したと思われる。ここでの経験を明日からの稽古に活かしてもらいたい。
柔道部 監督 中村 一成


平成28年度 神奈川県学生柔道ジュニア体重別選手権大会
H28年5月28日(土)
於:防衛大学校柔道場
<60Kg級>
 2回戦 林 基嗣(2) △ 送襟絞  ○ 佐藤 龍樹(桐蔭横浜)
<66Kg級>
 1回戦 山田 敦也(2)○ 横四方固 △ 川田 陵平(横浜市立)
 2回戦 小原  翔(1)△ 優勢(指2)○ 牧山 力也(桐蔭横浜)
     山田 敦也(2)△ 合せ技  ○ 室山 健吾(桐蔭横浜)
     大竹 寛幸(2)△ 合せ技  ○ 篠永  懸(桐蔭横浜)
<73Kg級>
 1回戦 山田平八郎(2)○ 合せ技  △ 田村 凌弥(神奈川)
     北川 裕盛(1)○ 内股   △ 石田雄一朗(神奈川)
 2回戦 山田平八郎(2)△ 合せ技  ○ 中島 颯樹
                       (東海:伊勢原)
     北川 裕盛(1)△ 背負投  ○ 鍛治 拓実(桐蔭横浜)
<90Kg級>
 1回戦 齋藤 和樹(2)△ 縦四方固 ○ 原田 昌寛(桐蔭横浜)

〈戦評〉
 1名の計量失格、81Kg級への出場者なし。先週の関東学生に集中したためか、あまり積極的に参加した大会ではないように感じた。今の県学生男子では、桐蔭横浜を頂点に、2番手が我々で、それ以外のチームとは少し差ができているものと考える。本結果は如実にそれを表わしており、このままで終わるのか、それとも追いつくことができるのか?果敢に挑戦していただきたいものだ。
柔道部 監督 中村 一成
柔道部 監督 中村 一成


平成28年度 関東学生柔道優勝大会
H28年5月22日(日)
於:埼玉県立武道館
【団体戦】
●男子2部(7人制)
第2回戦
  防衛大学校    ⑦  ―   0  千葉工業大学
先鋒:中村 啓佑(2) ○大 腰  △ 水村 亮介  (1)
次鋒:小原  翔(1) ○上四方固 △ 加藤 壮汰  (1)
五将:杉山 慎吾(3) ○大外刈  △ 杉山 喜彦  (4)
中堅:本間 与之(3) ○横四方固 △ 今城 研吾  (2)
三将:小野 慎平(3) ○背負投  △ 佐々木 健太郎(2)
副将:高廣  徹(3) ○腕挫腕固 △ 小林 亮太  (2)
大将:山内 稔也(4) ○大内刈  △ 足立 凌汰  (1)

第3回戦
  防衛大学校     ⑦  ―   0   宇都宮大学
先鋒:北川 裕盛(1) ○縦四方固 △ 風間 椋 (4)
次鋒:黒山 聖矢(2) ○大外刈  △ 栗田 英樹(3)
五将:中村 啓佑(2) ○払 腰  △ 松尾 洸亨(1)
中堅:杉山 慎吾(3) ○袈裟固  △ 斉藤 大資(3)
三将:高廣  徹(3) ○大外刈  △ 奥野 友哉(1)
副将:佐藤 大輔(3) ○不戦勝  △
大将:山内 稔也(4) ○不戦勝  △

準決勝
  防衛大学校     2  ―    ⑤  城西国際大学
先鋒:黒山 聖矢(2) △腕挫腕固   ○ 比嘉 建斗(3)
次鋒:高廣  徹(3) △内 股    ○ 土屋 皓仰(2)
五将:小原  翔(1) ○背負投    △ 野藤 雄規(4)
中堅:小野 慎平(3) △小外刈    ○ 三島 一輝(2)
三将:杉山 慎吾(3) ○優勢勝(有効)△ 中谷 昌雄(1)
副将:中村 啓佑(2) △小外刈    ○ 中川 翔太(3)
大将:本間 与之(3) △優勢勝(有効)○ 八幡 憲治(4)


●女子(3人制)
第2回戦
 防衛大学校      1  ―    ②  横浜国立大学
先鋒:久永恵利花(3) △袈裟固  ○ 小泉 陽菜(4)
中堅:菅井 琴音(4) ○合わせ技 △ 大木 千佳(2)
大将:吉田テイラ(3) △背負投  ○ 片野結夏子(2)

代表決定戦(1回目)
 防衛大学校     0   ―    ③  帝京平成大学
先鋒:吉田テイラ(3) △背負投    ○ 松上 莉奈(2)
中堅:菅井 琴音(4) △優勢勝(技有)○ 岩崎 遥香(4)
大将:久永恵利花(3) △優勢勝(有効)○ 髙橋  唯(1)

代表決定戦(2回目)
 防衛大学校      1   ―    ② 城西国際大学
先鋒:久永恵利花(3) △大外刈り ○ 久保 麻衣香(2)
中堅:菅井 琴音(4) ○三角固  △ 友部 佳澄 (4)
大将:吉田テイラ(3) △大外刈  ○ 高松 彩香 (4)
 

〈戦評〉
 今年のチームは、男女ともに全日本優勝大会への出場を目指してきたが、力及ばず、果たすことができなかった。女子は、5/1(日)神奈川学生で対戦した横浜国立大と当った。この時は1対1の引き分けで、今回のオーダーを読んではいたが、学生が考えたもので臨んだところ、一歩及ばなかった。男子に関しては、新たに加わった1年生を含めて一丸となって戦ったが、準決勝で考えていたより点差が開いた敗戦となった。一つの原因としては、戦う前にオーダー表が曝され、相手がそれを見て対戦を考えたのではないか?と思われる。仮にそうであっても、自分たちの力が不足していたためとしか言えない。ここ6年、3位の成績を収め続け、去年、今年はもう一段高いステージへ進めるよう挑んだが、跳ね返されてしまった。来年こそは、決勝戦で戦いたい。
柔道部 監督 中村 一成


第71回神奈川県学生柔道春季大会
平成28年度5月1日(日)
於:神奈川県立武道館
【団体戦】
第1回戦
     防衛大    ⑤   ―     1  横浜国立大学
 先鋒:佐藤 大輔(3) ○優勢勝(技有)△ 中神 一総 (2)
 次鋒:黒山 聖矢(2) ×引き分け    × 山館 広和 (2)
 五将:中村 啓佑(2) △優勢勝(技有)○ 安居院 祟人(4)
 中堅:小野 慎平(3) ○優勢勝(有効)△ 清水 康平 (2)
 三将:高廣  徹(3) ○横四方固   △ 光楽 弘基 (3)
 副将:山田 敦也(2) ○一本背負投  △ 藤村 哲  (2)
 主将:本間 与之(3) ○優勢勝(有効)△ 森山 修仁 (2)

準決勝
     防衛大    ⑥   ―     0   神奈川大学
 先鋒:黒山 聖矢(2) ○袖釣込腰   △  清遠 雄一(3)
 次鋒:郡山竜太郎(3) ×引き分け    ×  井上 京亮(3)
 五将:小原  翔(1) ○合せ技    △  田中 瑛二(3)
 中堅:本間 与之(3) ○袖釣込腰   △  藤川  翼(2)
 三将:杉山 慎吾(3) ○反則負    △  松川 治基(2)
 副将:小野 慎平(3) ○袖釣込腰   △  田村 凌弥(2)
 主将:中村 啓佑(2) ○内股     △  佐藤 高広(2)

決勝 
     防衛大     1   ―     ④   桐蔭横浜大学
 先鋒:中村 啓佑(2) △横四方固   ○  戸崎 碧海(1)
 次鋒:高廣  徹(3) ×引き分け    ×  萩原 将大(2)
 五将:杉山 慎吾(3) △優勢勝(技有)○  原田 昌寛(2)
 中堅:小野 慎平(3) ○優勢勝(技有)△  堀田  力(1)
 三将:小原  翔(1) ×引き分け    ×  大塚  薫(2)
 副将:佐藤 大輔(3) △出足払    ○  鍛冶 拓実(1)
 主将:本間 与之(3) △合せ技    ○  沓形 宏太(1)


女子(3人制)
第1回戦
     防衛大     1   ―     1   横浜国立大学
 先鋒:吉田テイラ(3) △腕 緘    ○  小泉 陽菜 (4)
 中堅:菅井 琴音(4) ×引き分け    ×  片野 結夏子(2)
 主将:久永恵利花(3) ○縦四方固   △  大木 千佳 (2)
第2回戦
     防衛大     0   ―     ③   桐蔭横浜大学
 先鋒:吉田テイラ(3) △袖釣込腰   ○  鈴木 双葉(2)
 中堅:菅井 琴音(4) △大外刈    ○  杉山 歌嶺(1)
 主将:久永恵利花(3) △横四方固   ○  山口 凌歌(2)


【個人戦】
男子
軽量級
第1回戦
 福井 智大(4)○内 股    △ 森 健太郎(横市)
 辻田 直樹(4)△背負投    ○ 光楽 弘基(横国)
第2回戦
 福井 智大(4)○支釣込足   △ 斎藤  陸(神工)
準決勝
 福井 智大(4)△大内刈    ○ 牧山 力也(桐蔭):優勝
   第3位

軽中量級
第1回戦
 青嵜 勇星(3)△払 腰    ○ 篠永  懸(桐蔭):優勝
 遠藤  燦(4)○不戦勝    △ 西海 翔太(神大)
第2回戦
 遠藤  燦(4)△裏 投    ○ 鍛冶 拓実(桐蔭):準優勝

  中量級
第1回戦
 程田 和光(3)○横四方固   △ 佐藤 高広(神大)
 小野 慎平(3)○袖釣込腰   △ 森山 修仁(横国)
準決勝
 程田 和光(3)△縦四方固め  ○ 小嶋 祐也(桐蔭):優勝
   第3位
 小野 慎平(3)△優勢勝(僅差)○ 堀田  力(桐蔭):準優勝
   第3位

軽重量級
第1回戦
 斎藤 和樹(2)○上四方固   △ 奥田 崇人(関院)
準決勝
 高廣  徹(3)△背負投    ○ 佐藤 幸輔(桐蔭):準優勝
   第3位
 斎藤 和樹(2)△内 股    ○ 中川 恭兵(桐蔭):優勝
   第3位


女子
軽量級
第1回戦
 辻村日奈野(1)△不戦勝    ○ 澤田 菖子 (横市)
 
重量級
第1回戦
 久永恵利花(3)△大外刈    ○ 片野結夏子(横国):第3位
準決勝
 菅井 琴音(4)○三角固    △ 片野結夏子(横国):第3位
 吉田テイラ(3)△横四方固   ○ 室家 弥央(桐蔭):準優勝
     第3位
決勝
 菅井 琴音(4)○優勢勝(僅差)△ 室家 弥央(桐蔭):準優勝
     優勝

〈戦評〉
 今年度、緒戦。ここ数年では、最も桐蔭横浜大学に対して肉薄した戦いができた。しかしながら、勝利を得るには至らず、不足している部分を補い、関東学生優勝大会に臨みたい。個人戦では、菅井学生が優勝した。団体戦でうまくいかなかった部分を修正し、この勝利を得たものと考える。一つの見本としてもらいたい。
 GW中にも拘らず、会場で先輩方の応援を頂いた。彼等の期待に応えられるよう、残り3週余り、全力で調整させたい。
柔道部 監督 中村 一成


試合結果一覧へ戻る