防衛大学校システム工学群 建設環境工学科
トップページ | 学科紹介 | 教育 | 研究 | 教職員 | リンク
トップページ>研究

研究

研究室紹介

構造力学研究室

構造力学研究室(本科対象)は,土木分野の,主として橋梁等の骨組構造にかかわる解析について教育している.研究は,理工学研究科の構造工学研究室における研究分野に連携して,砂防にかかる工学的問題,構造物の最適設計および信頼性工学などの応用について研究している.

>>詳細はこちら

設計工学研究室

社会基盤施設を整備するためには,鋼,コンクリートなどの材料特性を効果的に活かし,また効率的に組合せる合理的な設計法の確立が必要である.このためには,構造物の静的および動的な力学特性を解明する必要がある.本分野の教育では,基礎理論,実験を通して構造物の静的・動的挙動を学び,構造工学,耐震工学,設計学に関する基礎能力を涵養する.また,研究においては,爆発荷重や衝突荷重など衝撃荷重を受ける構造物の防護設計法の確立を目指し,理論および実験的検討を行っている.

>>詳細はこちら

建設材料工学研究室

コンクリートおよび鉄筋コンクリートは,現代の社会基盤を構成する主要な材料および構造部材です.従来,耐久性能に優れる鉄筋コンクリート構造物は,メンテナンスフリーで「半永久的」に使用できるものと信じられていました.しかし多くの研究結果や既存構造物の調査結果から,コンクリート構造物であっても経年劣化は避けられず,施工条件や環境条件によっては,短期間に劣化し長期の使用に耐えられないことが明らかになっています.本研究室では,コンクリート劣化メカニズムを解明するとともに,材料劣化が生じた構造物の力学性能を定量的に評価する手法の開発を行っています.

>>詳細はこちら

地盤工学研究室

土質力学,基礎工学等の地盤工学と土木計画学に関する教育を行っている。地盤設計の性能規定化と循環型社会の形成に寄与できる地盤技術の確立を目指し,地盤材料の挙動予測から設計法の開発に亘る幅広い分野で,工学的性質の新しい評価法の開発と設計への応用,地盤の変形・安定解析法に関する研究を行っている.

>>詳細はこちら

国土環境工学研究室

社会基盤の整備では,「開発」と「保全」という行為を両立させることが重要である.本研究室では上記の目的を達成するための土木技術,特に地盤技術の開発および高度化を目的に研究活動を行っている.

>>詳細はこちら

水工学研究室

我々の社会生活や環境は,豊富な水資源と,その水の循環システムの上に成り立っている.したがって,水は非常に多岐にわたる問題を我々に投げかける.水資源の確保や水環境を保全することの重要性は言うまでもないが,人口の多くが水際に分布している我が国では,集中豪雨や洪水・津波などから生命や財産を守ることも重要である.また,国土が狭い我が国では海洋の空間利用や海洋資源の開発も重要になってきた.水資源を確保し,環境を保全し,水災害からの安全性を高めるためには多岐にわたる水の運動特性を解明する必要がある.本分野では,理論・実践・数値解析を通して水の運動の基礎理論を学び,水文学・河川工学・海岸工学・海洋工学等に関する諸問題を解決する技術開発能力を涵養する.

>>詳細はこちら

環境防災工学研究室

環境防災研究室では,地震・火山噴火・土砂災害などの自然災害や火災・車両の衝突・重化学工業プラントの爆発・テロといった人為的災害における災害軽減技術に関する教育・研究指導を行っている.

>>詳細はこちら

大規模震災工学研究室

地震列島といわれる日本は,昔からしばしば甚大な地震災害に見舞われてきた.我々は,この国土に住むかぎり,地震被害にあうことは避けることができない.一方,現在の我々の社会は立体的に過密化し,情報技術等により社会システムも複雑に成長している.その結果,地震や集中豪雨のような自然の急変による事象に対してきわめて脆弱な社会になっている.そして,日本は首都圏直下型地震や南海トラフでの連動海洋型地震という大規模震災が近い将来に発生すると予測されている.これらの地震が発生した場合は,国をあげての対応になるであろう.今,安全で安心な社会を構築するためには,大規模震災に対応して,「災害応急活動体制の整備・充実・強化」「甚大な被害への対策」「防災拠点の整備」「社会の安定化のための対策」「地域防災力、防災意識の向上」「複合災害への対応」「復旧・復興対策のあり方」等の多くの課題があり,対応策を構築する必要がある.当研究室では,大規模震災の特徴である広域・複合災害の特性を解明し,社会の変容による新たな災害様態の変化を考え,大規模震災に対する課題への対応策策定に関して研究を行う.その結果として,大規模震災に対して,安全安心な社会を構築するための,我々の果たすべき役割や防災計画等の改善に資する成果を出していくことを目的している.

>>詳細はこちら
防衛大学校システム工学群 建設環境工学科 〒239-8686 神奈川県横須賀市走水1-10-20