演劇祭

11.13()12:10~12:40 記念講堂

演劇祭とは

 ここ防衛大学校で行われる演劇祭とは短い時間で効率的に練習し、自衛官に必要な人間性を育てることを目的に行われています。毎年、開校祭直前に競技会として実施され、各大隊の威信をかけて取り組んでいます。今年度の開校祭では、11月9日に実施される競技会本番での優勝大隊のみの披露となります。将来、幹部自衛官として国防を担う若者たちの一味違う演劇をご覧ください。

発表大隊

今年度演劇祭優勝大隊 第大隊
題目:人形の糸の先

~あらすじ~

 何故その少女は事故に遭ったのか。様子のおかしい父親、キョリの近い幼馴染、ポンコツ刑事に裏のありそうな若手刑事。さまざまな思惑の中、少女がみせた勇気とは。

責任者からのメッセージ

演劇祭責任者 石渡学生

 今まで演劇をみたことがないという方もおられるでしょう。安心してください。役者の演技はもちろんのこと、舞台装飾や照明、音響なども含め数々の工夫を凝らしたものになっており、どなたが観ても必ず楽しめるようになっています。本日まで積み上げてきた稽古の成果を十分に発揮し、最高の舞台をお見せするので最後までお楽しみください。