訓練展示

11.12()11:50~12:50 野球場及び花立訓練場

訓練展示とは

 防衛大学校学生は2学年進級時に、陸上・海上・航空要員に分かれ、それぞれの訓練を行います。開校記念祭訓練展示におきましては、主に陸上要員の訓練の様子を皆様にご覧頂きます。また、本展示では「バトラー」という部隊での訓練で用いられるシミュレータ装置を使い、1・2大隊チーム対3・4大隊チームの対抗戦方式で実施します。大きな発砲音や匍匐(匍匐)前進で舞い上がる砂埃など、非常に迫力のある展示になっておりますので、ぜひ御覧ください。
※本展示におきましては、実弾(弾頭入りの弾薬)は一切使用しておりませんのでご安心下さい。但し空砲発砲の際は非常に大きな音がしますのでご注意下さい。

演習の設定

:敵防御部隊(野球場ホームベース側)
:味方攻撃部隊

~シナリオ~

 11月11日の1700馬堀海岸に敵部隊が上陸し、敵1個小隊が小原台方面に進出。同日2000より小原台一帯に防御陣地を構築している模様。味方部隊は11月12日1200より1個中隊をもって走水・花立一帯から小原台一帯を奪取する。我が小隊は中隊の最左翼として花立の森(通称:トトロの森)より野球場に陣取る敵1個分隊を攻撃、陣地を奪取する。

交戦訓練用装置(バトラー)

 交戦訓練用装置(通称:バトラー)を使用することにより、銃からレーザーが発射されるようになります。レーザーに当たるとヘルメットが赤く光るなどして撃たれたことがわかるため、より実践的な訓練が可能になります。

各小隊長からのメッセージ

A小隊(1・2大隊チーム)長 河内学生

 A小隊長の河内学生です。戦闘行動に派手さは必要ありません。A小隊の堅実かつハイレベルな各個動作、射撃精度にぜひ注目して、訓練展示をお楽しみください!

 B小隊(3・4大隊チーム)長 大野学生

 3大隊と4大隊の学生から編成された小隊は、訓練が大好きな学生で構成されています。日々の訓練で今までの自分を超えるべく、厳しい練成を積んできた成果を多くの方々にお見せ致します。
 対抗形式での実施を踏まえ全力で戦う我々に御声援を頂ければと思います。
 最後になりましたが、訓練展示の開催に協力して下さった全ての方々に感謝致します。

責任者からのメッセージ

訓練展示責任者 土倉学生

 訓練展示に関しては残念ながら他部隊による戦車などの支援はありませんが、できるだけリアルな訓練をお見せできるよう頑張ってきました。土曜日の一番最初に実施しますので是非お立ち寄りください。