Menu

クロス・ドメイン研究部門

クロス・ドメイン研究部門について

クロス・ドメイン研究部門は、グローバルセキュリティセンター(GS)に設置されている研究部門と同様に、防衛大学校教官による研究活動の企画・支援を役割とする点で変わりはありませんが、以下の点により注力した役割を担っています。

  • 1)宇宙・サイバー・電磁波領域における研究活動の有機的融合
  • 2)我が国の防衛方針の基盤たる研究活動

本研究部門では防衛省が示している防衛計画の大綱や中期防衛力整備計画に基づき、

    「多次元統合防衛力の要たる宇宙・サイバー・電磁波の領域を有機的に融合し、常続監視を可能とする技術に関する研究活動」

という活動方針を掲げております。すなわち平時から有事まで、あらゆる段階における柔軟かつ戦略的な活動を実現する技術開発のための基礎的研究の融合であり、多様化・複雑化する状況に対応するため、既存の技術の枠組みに捉われず、従来の延長線上にない、より柔軟で創造的な思考で活動を追求します。

この方針に資する研究テーマ群を部門内で設定し、より有意義な研究成果となるよう、各機関と連携・協力体制を構築していく考えです。

グローバルセキュリティセンター クロス・ドメイン研究部門長 
情報工学科教授 田中 秀磨

部門員紹介

2022.4.1現在

部門長田中 秀磨 TANAKA Hidema 情報工学科教授
宇宙ディフェンスグループ長寺田 大介 TERADA Daisuke 機械システム工学科教授
宇宙ディフェンスグループ員岸村 浩明 KISHIMURA Hiroaki 機能材料工学科准教授
サイバーディフェンスグループ長中村 康弘 NAKAMURA Yasuhiro 情報工学科教授
サイバーディフェンスグループ員市野 宏嘉 ICHINO Hiroyoshi 建設環境工学科准教授
サイバーディフェンスグループ員中村 僚兵 NAKAMURA Ryohei 通信工学科准教授
電磁波ディフェンスグループ長道下 尚文 MICHISHITA Naobumi 電気電子工学科教授
電磁波ディフェンスグループ員西 宏二 NISHI Koji 応用化学科准教授
Copyright© 2016 National Defense Academy. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com