丸山 大介(Maruyama Daisuke) 准教授

最終学歴

 2013年 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科5年一貫制博士課程修了

学位

 博士(地域研究)2013年3月
「現代スーダンにおけるスーフィズムとタリーカ‐超越性・規範性・共同性‐」

教育科目等

 宗教文化史

専門分野

 中東地域研究

キーワード

 イスラーム スーダン スーフィズム タリーカ 聖者崇敬

主要所属学会

 日本中東学会 日本オリエント学会 日本文化人類学会 Sudan Studies Association

著書・論文等

 1. 「初期マートゥリーディー学派神学におけるワリー論」(『イスラーム世界研究』、第1号第1巻、2007年)

 2. “Sufism and Tariqas Facing the State: Their Influence on Politics in the Sudan”(Orient, 56, 2011)

 3. “Seeking Articulation between Sufi and Salafi: Doctrines and Education of al-Tariqa al-Rukayniya in Sudan”(『日本中東学会年報』、第29巻第1号、2013年)

 4.“Clashes, Conflicts and Contradictions: The External Policies of Sufi Tariqas in Contemporary Sudan”(『上智アジア学』、第31巻、2013年)

 5. 「現代タリーカにおける規律と倫理−スーダンのカーディリー・アラキー教団を事例として−」(小杉泰(編)『環インド洋地域における宗教復興・テクノロジー・生命倫理』、京都大学イスラーム地域研究センター・京都大学現代インド研究センター2013年)

教官からひと言

 準備中

↑ ページの上部へ